季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni夫婦 > 夫の飲み会でよく愚痴られる妻の特徴3つ 

夫の飲み会でよく愚痴られる妻の特徴3つ 

夫の飲み会でよく愚痴られる妻の特徴3つ 

2016.02.22 | NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

本当はそれほど思ってないけど、飲み会の席になるとついつい出てしまうのが妻の愚痴。

 

それがまた意外にも盛り上がってしまうので、調子に乗って愚痴合戦が始まってしまうことって、夫の交友関係のなかではときどきあります。

 

ですが、いわれる側にとっては決していい気分はしないものですよね。夫が飲み会などで、どんなことを愚痴り合っているのでしょうか。

 

夫の交友関係に口を出す

Group of multi-ethnic men talking in pub while drinking beer

夫が飲み会や休日に遊びに出かけるのは、妻にとってはさみしいことです。

 

しかし、出かけることにいちいち小言を挟まれてしまうと、妻に妨害されているような気分になってしまい、夫は、いかにして妻の妨害を回避してきたのかを熱弁し、飲み会での格好の餌食となっていくことになります。

 

もちろん、家庭を顧みずに出かけてばかりの夫なら、むしろ止められてしかるべきだと思いますが。

 

行くのを控えてほしいときは、「今日は楽しんで。でも、明日は早く帰ってきてほしい」というように交換条件を出すと効果的です。

 

お金の管理が厳しい

Businessman and His Wallet

これは、2つのパターンがあります。

 

ひとつは、夫がお小遣い制で、定額だけではどうしてもやりくりが難しい時にサポートしてもらえないとなると、愚痴のひとつも言いたくなります。

 

もうひとつは、夫婦で欲しいものを決めるとき。家族の財布は妻が握ることが多いので、夫の希望はなかなか認めてもらえません。

 

すると、飲み会での愚痴合戦に繋がってしまいます。もちろんお金の管理は厳しくあるべきですが、柔軟に対応することもルール化しておくことで、こうした問題は回避されるのではないでしょうか。

 

自分流の家事・育児を貫く

160218sentaku

これ、本当によく聞きます。

 

夫が洗濯物をたたんでいるそばから、妻が夫のたたんだ洗濯物を広げてもう一度たたむ話、洗った食器をいちいち確認されてダメだしされる話は、飲み会の席でよくネタにされます。

 

妻にとっての大切なこだわりが、夫にとってはやる気を削いでしまうものになってしまうケースもあります。

 

家事・育児のゴールはなんなのかを夫婦で話し合い、ぜひ自分流から家族流にシフトしてほしいと思います。

 

まとめ

妻からすると、夫の家事・育児は言いたくなるようなことばかり、いや、むしろ言い足りないくらいじゃないかと思います。

 

でも、それがぐうの音も出ないような正論ばかりだと、ついつい愚痴になっちゃうんですよね。オススメは交換条件です。

 

認めてあげる前提で話を聞くと、夫も妨害されると思いません。しかも、許してもらえてると思い、妻のニーズにも応えようとしてくれます。そうなると、飲み会の席でも妻を褒めまくる夫に変わってくれると思いますよ。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

「笑ろてるパパがええやん!」をキャッチフレーズに、父親の子育てを【もっとワクワクできるものにする】ための仕掛けを関西各地で展開をしているNPO法人です。現役パパたちのリアルな体験談や気づきを、コラムにてお届けします。NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう