季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni夫婦 > 年末年始、夫が掃除をしたくなるアイデア

年末年始、夫が掃除をしたくなるアイデア

年末年始、夫が掃除をしたくなるアイデア

2015.12.23 | NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

夫婦の家事育児の役割分担は、ある調査によると、役割分担のウェイトとして、夫婦で妥協できる配分は夫40:妻60なのだとか。

 

しかしながら、実際の割合は、大きくかけ離れているのではないでしょうか。

 

育児については、少しずつ意識が向いてきた気もしますが、家事に至ってはまだまだ・・・。

 

ちなみに、妻が、夫にしてほしいと思う家事は、

 

1位 ゴミ捨て

2位 風呂掃除

3位 部屋の掃除

 

なのだそうです。

 

1位、2位については、夫もやっていると主張するタスクです。ゴミ捨ては、玄関からゴミ置き場への単なるゴミ移動が多いという噂もありますが(苦笑)。

 

そして3位には、部屋の掃除が入っています。夫にも部屋の掃除をやってほしい、とはいえ、なかなか手伝ってくれないのが現状ではないでしょうか。

 

では、どうすれば夫は部屋の掃除をしてくれるのでしょうか?

 

一緒にやることからはじめる

夫は、命令されたり1人でまかされたりするのが苦手です。

 

妻は「家事をしない夫にいかに協力させるか」と考えてしまいがちですが、まずは一緒に取り組んでもらえるようにしむけていくことからはじめてみましょう。

 

掃除機をかけていて、「ソファを動かしてくれない?」と、とにかくほんの少しでもいいので、一緒にやる感覚を身につけてもらうことが大切です。

 

夫にはシンプルでわかりやすいタスクを

夫はマルチタスクがとても苦手です。部屋の掃除って、ただ掃除機をかけるだけではないですよね。きっとちらかった洗濯物やおもちゃを同時に片付けながら掃除機をかけるはずです。

 

妻はそれを同時にこなすことができます。ただ、夫は残念ながらそれができません。

 

このため、夫に部屋の掃除をしてもらうとするならば、どちらかひとつ、最初は妻が床にある掃除機の邪魔になるものを取り除き、夫には掃除機をかけることだけをお願いするなどからはじめましょう。

 

きれいな状態のイメージを共有する

実は、夫婦で部屋がきれいな状態のイメージが違っていることが結構あります。妻からすると荒れ放題になっている部屋も、夫からすると全然きれいだと思っていたりします。

 

このため、まず、きれいな状態の部屋、つまりゴールのイメージを、雑誌などの写真を使って共有しましょう。

 

きれいな状態のイメージが噛み合ないと、そもそものところでつまずいてしまいます。僕も実は掃除が苦手です。

 

でも、タスクをひとつに絞ってやるようになってからは、少しずつできるようになりました。夫もきれいな方が好きに決まっているので、この3つを大切にすれば、案外すんなりいくかもしれませんよ。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

「笑ろてるパパがええやん!」をキャッチフレーズに、父親の子育てを【もっとワクワクできるものにする】ための仕掛けを関西各地で展開をしているNPO法人です。現役パパたちのリアルな体験談や気づきを、コラムにてお届けします。NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう