季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni片付け > 達人たちに学ぶ! 突っ張り棒を使った簡単スッキリ収納術4選

達人たちに学ぶ! 突っ張り棒を使った簡単スッキリ収納術4選

達人たちに学ぶ! 突っ張り棒を使った簡単スッキリ収納術4選

2018.05.21 | 横山かおり

子どもがいると、いつも物にあふれた生活を送ってしまいがちですが、本当はスッキリとした空間で生活していきたいですよね。それもなるべくお金をかけずに…。

 

Instagramで収納について調べていたところ、あるものを上手に活用している人たちを見つけました。それは「突っ張り棒」。

 

今回は、収納上手なインスタグラマー5名に、突っ張り棒を使った収納術について教えていただきました!

 

悩みがちな帽子類の収納に

 

意外と悩みがちなキャップやサンバイザーなどの収納。重ねて置いておくと形が崩れてしまう心配も。みなさんはどうやって収納していますか?

 

以前、tomoniでも記事にさせていただいた、整理収納アドバイザーの米山真央さん(@sweetstyles_official)に今回もお話を伺ってみました。

 

「キャップやサンバイザーは、突っ張り棒とS字フックだけの簡単収納です。この収納方法だと選ぶのも楽しく、持っているデザインの傾向が一目で分かるので似たようなデザインを買わなくなりました。無駄なものを買わないようになるのでおすすめですよ」

 

まるでお店屋さんのようなラインナップ! たしかに選ぶのが楽しくなりそうです。

 

必要なものは突っ張り棒とS字フックだけ。帽子類を数多く持っている人はぜひ試してみてくださいね!

 

こだわりのワンアクション収納

突っ張り棒はアイデア次第でいろいろな使い方があることを再確認!

 

こちらを投稿されたSAYURIさん(@_sayurim_)に3つの収納アイデアを教えていただきました。

 

◎脱衣所・洗面所の収納

「洗濯機の上のスペースに突っ張り棒を2本使用。ここには普段よく使うものを収納しています。作業効率がよくなるような収納位置にしており、マイクロファイバークロスなどは洗ったらそのままここで干して乾かせます。スポンジも通気性のいいケースに収納することで使用後はよく絞って自然乾燥。使う頻度の高いキッチンペーパーも引っ張るだけで取り出せます」

 

 

◎洗濯ハンガーの収納

「洗濯機横のデッドスペースを有効活用。短めの突っ張り棒を使用し、床から浮かせて収納しています。ホコリがたまりやすい場所でも掃除が楽にできますよ」

 

 

◎ゴミ袋収納

「ゴミ箱の上の空間に突っ張り棒で収納スペースを。ゴミ袋をかけるときも取り出すときもワンアクションです。見える収納にすることで残りの枚数が分かりやすく、在庫管理がしやすくなりました。わが家では食器棚の陰に隠れているのであまり気になりません」

 

 

「すべての収納でこだわっているのは『ワンアクションで取り出せ、ワンアクションで収納できる』ということ。取り出すことや収納することが面倒だと、掃除することも億劫になりどんどん散らかってしまいます。我が家は賃貸アパートなので元々の収納スペースがあまりありませんでした。突っ張り棒は空間を収納スペースに変えることができるので大活躍です! 引っ掛けて吊るす、床から浮かせる収納は部屋をスッキリ広く見せてくれますよ」

 

細かい部分の収納、意外と困ることが多いんですよね。突っ張り棒を使ってこんなに上手に収納できるなんて!

 

ハンガーやゴミ袋もこれでスッキリ。デッドスペースの有効活用にもなりそうです。

 

わずかな隙間も有効活用

 

ほんのわずかなスペースも突っ張り棒を使えば立派な収納スペースに!

 

こちらを投稿された墨子さん(@sumiko_monotone)にポイントを伺ってみました。

 

「わずかなデッドスペースも有効活用でき、吊るす収納にすることでアイテムひとつひとつが見やすく、取り出しやすくなりました。床部分の掃除も楽になりましたよ」

 

やはりこちらも突っ張り棒を使った吊るす収納! 10cm程度のほんのわずかな隙間でも立派に収納できてしまうんですね。

 

これなら、狭い我が家でも収納スペースを増やせそうです。

 

子どもの自立まで促す収納方法

 

突っ張り棒を使って新たなクローゼットができてしまうなんて…!

 

こちらの投稿をされたさゆさん(@sayuno_ouchi3172)にポイントを伺ってみました。

 

「突っ張り棒は玄関のクローゼットに使っています。大人のコートの下の空間を利用して、子どもの手の届く位置に設置しています。子どもたちが自分で身支度できるようになりました!」

 

たしかにクローゼットって大人用のものを掛けても、下の方の空間は空いてしまいがち。ここを上手く利用したというわけですね。

 

子どもの高さに合わせることで自立まで促すことができる、一石二鳥のナイスアイデアです!

 

突っ張り棒は、工夫次第でいろいろな使い方ができますね。

 

ちょっとしたスペースを上手に活用することで、スッキリした家作りに近づけることができるでしょう。

 

物があふれて困っているという人は、ぜひ突っ張り棒の収納方法を考えてみてくださいね!

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう