季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni料理 > 平日分を2時間で作り置き! 傷みやすい春野菜を長持ちおかずに

平日分を2時間で作り置き! 傷みやすい春野菜を長持ちおかずに

平日分を2時間で作り置き! 傷みやすい春野菜を長持ちおかずに

2018.05.04 | あぽももこ

春野菜は鮮度が命! 傷みも早いので、買ったらすぐ調理が理想です。

 

なので今回は、春野菜をおいしいうちに調理して、作り置きにしました。

 

■ 献立

【月曜日のメニュー】春野菜の和風ポトフ、かにカマレタスマヨマリネ、味玉子、白米

【火曜日のメニュー】鶏胸の漬肉、しそひじき、酢の物、キャベツの味噌汁、白米

【水曜日のメニュー】筍と豚肉の中華炒め、旨塩キャベツ、わかめ味噌汁、白米

【木曜日のメニュー】スペイン風オムレツ、旨塩キャベツ、しそひじき、玉ねぎスープ、白米

【金曜日のメニュー】さばとキャベツのトマト煮、アスパラの煮浸し、味玉子、玉ねぎ味噌汁、白米

 

■ 使用全材料(調味料除く)[4人分]

じゃがいも    5個 3+2
玉ねぎ      2個 1/2+1+1/2
きゃべつ     1個 外葉4枚+1/2+1/2
レタス      1/2個
きゅうり     1本
アスパラガス   6本
しいたけ     4個
にんにく     2片
筍(あく抜き済) 2本 
ひじき      120g
わかめ      60g
かにカマ     12本 6+6
ウィンナー    8本
ベーコン     3枚
鶏胸肉      2枚
豚こま肉     400g
鯖缶       3缶(450g)
トマト缶     1缶(400g)
卵        9個 5+4
ゆかり      大さじ1
牛乳       50cc

※材料の横の記載は、各工程で実際に使用する分量です。

 

■ 手順[90〜120分]

1、スペイン風オムレツを作る

・めんつゆ2倍濃縮使用
・レンジ600w使用

じゃがいも3個を3mm、玉ねぎ1/2個を2mmの半月薄切り。ベーコン3枚を1cmに切る。卵5個、牛乳50cc、コンソメ顆粒5g、塩小さじ1/2、こしょう少々を混ぜ合わせ、すべて炊飯器に入れ普通炊飯する。

 

2、春野菜の和風ポトフを作る

じゃがいも2個を半分に切り、鍋に水400ccを入れ火にかける。別の鍋でお湯を沸かし、キャベツの葉4枚を軽く茹で取りだし、冷まし半分に切る。ウィンナー8本をキャベツの葉で巻き楊枝で刺す。玉ねぎ1個を4等分に切る。じゃがいもが、ある程度煮えたところで、ほん出汁小さじ1、しょうゆ小さじ1、塩小さじ1/2、こしょう少々、玉ねぎ、ウィンナー巻きを入れ煮る。

 

3、かにカマで酢の物と、レタスマヨマリネを作る

かにカマの両端を指で軽く押してほぐし、2~3本一緒に手でお団子を丸めるようにしてほぐす。わかめ60gを軽く茹で、水にさらし混ぜやすいよう切る。かにカマ6本分、きゅうり1本輪切り、すし酢大さじ4、砂糖小さじ1と混ぜる。かにカマ6本分、レタス1/2個をちぎり、玉ねぎ1/2個薄切り、すし酢大さじ1、マヨネーズ大さじ1と混ぜる。

 

4、さばとキャベツのトマト煮を作る

鯖缶3缶の水を捨てる。キャベツ1/4個を適当に切る。フライパンに、にんにく2片薄切りと、オリーブオイル大さじ1を入れ温め鯖をさっと炒め、トマト缶1缶、砂糖小さじ1、塩・こしょう適量を入れる。キャベツを入れ、火が通る程度煮込む。

 

5、味玉子、鶏胸の漬肉、旨塩キャベツを作る

・保存用ジップ袋使用

茹で卵を4つ作り、殻をむいてめんつゆを適量入れ空気を抜いて保存。鶏胸肉2枚をフォークで数か所刺し、めんつゆを適量入れ、空気を抜いて保存。キャベツ1/4個を食べやすいサイズに切り、鶏ガラスープの素小さじ1、ごま油大さじ1、白ごま大さじ1を塩適量入れ空気を入れて振って混ぜる。

 

6、しそひじき、アスパラの煮浸しを作る

ひじき120gを軽く洗って水気を切り、ゆかり大さじ1強、砂糖小さじ1、しょうゆ小さじ1を入れ、レンジで3分。アスパラガス6本の硬そうな部分の皮をむき、一口サイズに切り、めんつゆと同量の水を入れ、レンジ2分半。

 

7、筍と豚の中華炒めを作る

たけのこ2本、しいたけ4個を薄切りにする。ごま油を入れたフライパンを温め、豚こま肉400gを炒める。筍、しいたけを入れ炒め、オイスターソース大さじ3、酒大さじ1、塩・こしょう適量入れる。

 

10、仕上げ

容器に入れ冷蔵庫で保存する。残りの野菜は味噌汁に使用。鶏胸の漬け肉は、食べる前にグリルで焼く。

 

 

容器次第で効率アップも

ポトフの新玉ねぎが甘くて美味しいと好評だったので、多めに入れてもよかったかなと思いました。

 

鶏胸肉は漬けてグリルで焼くと、まるで焼豚のようになり、肉好きさんにはおすすめです。

 

レンジ調理は耐熱の保存容器を使うと、作業も洗い物も減って時短になりますよ。レシピを参考に、便利な道具をそろえて、自分なりのアレンジを加えながら楽しんでくださいね。

 

※作り置き作業時間や期間はいちライターの体験、経験によるものです。あくまで目安として、全て自己の判断と責任においてご参考いただきますようお願いいたします。食品の取扱いにつきましては、衛生面に十分ご留意ください。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

あぽももこ

あぽももこ

大切な人の笑顔と、「おいしい」の一言が、私のごはん作りの原動力。絵に描いたような田舎の農家で育ち、毎日の暮らしのなかで自然と家族から野菜の知識を学びました。それらの知識を活かし、体も心を元気になるれようにとレシピを考えて、作っています。My blog kitchen♡

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう