季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni料理 > 料理初心者のパパでもできる! かわいくて栄養満点の幼児食

料理初心者のパパでもできる! かわいくて栄養満点の幼児食

料理初心者のパパでもできる! かわいくて栄養満点の幼児食

2018.05.16 | 横山かおり

大切な我が子のごはん。なるべくなら味も見た目も子どもが喜ぶようなものを作ってあげたいですが、毎日忙しいママたちにはなかなか難しいですよね。

 

最近Instagramで、とても華やかでかわいらしい子ども用ごはんを発見! しかもそれを作っているのはパパだというのでとっても驚きました!

 

今回はとても素敵な幼児食を投稿されている人気インスタグラマー、panakiyo14さん(@panakiyo14)にお話を伺ってみました。ちなみに投稿しているのは奥さまです!

 

料理を通して子育てに関わりたい

 

パパがお子さんのごはんを作っているとのことですが、元々お料理は上手だったのでしょうか? また、料理をはじめたきっかけがあれば教えてください!

 

「料理は結婚してからはじめました。やっているうちに少しずつ上達していったので、はじめからうまかったわけではありません。パパは20kgのダイエットに成功した経験があります。国家試験の勉強の際に脳にいい食事を調べて食べていたため『離乳食に応用できそうだ』と思って興味が湧いたそうです。自分の好きな料理を通して、子育てに関わりたいという気持ちが強かったそうですよ」

 

なんて素敵なご主人! 「料理を通して子育てに関わりたい」なんて、世のママたちから羨望の眼差しで見られることでしょう。

 

ただ子どもが好きなごはんを作るだけでなく、栄養のことまでしっかり考えられているのですね。

 

時短&簡単な「ポタージュ」レシピ

 

いつも手の込んだお料理をたくさん作られていますが、今回は時短で簡単なメニュー「ポタージュ」の作り方を教えていただきました!

 

かぼちゃのポタージュ

■ 材料

かぼちゃ(皮除く) 200g、豆乳 200cc

 

■ 手順

1、かぼちゃを一口大に切り、耐熱皿に並べる。水(大さじ1)を振りラップをふんわりかぶせ、電子レンジ 600wで4分加熱する(100gにつき2分加熱) 。

2、フードプロセッサーに皮をむいたカボチャと豆乳を入れ混ぜる。

3、冷凍する時は、製氷皿に流し込み冷凍。冷凍し終わったら保存袋に入れ冷凍保存(保存期間2週間程度を目安に使い切る)。

※材料をさつまいもに変えると、さつまいものポタージュになります。

 

野菜のポタージュ

■ 材料

※じゃがいも1個、※玉ねぎ 1/2個、※甘酒(米麴のもの酒粕の甘酒は不可)、※豆乳 100cc、お好みの野菜(以下からひとつ)
・紫キャベツ 1/4個(電子レンジ 600wで2分加熱)
・スナップエンドウ8本(2分茹でる)
・インゲン8本(2分茹でる)
・ごぼう 1本(ささがきにし、5〜10分茹で、酢水に2分ほど着けてアク抜きする)
・カブ 2、3個(大きいもの2個、小さいもの3個)

 

■ 手順

1、じゃがいもを水で濡らしラップで包む。電子レンジ 600wで3分加熱する(100gにつき2分加熱) 。

2、玉ねぎはみじん切りかフードプロセッサーにかけ、電子レンジ 600wで3分加熱する。

3、フードプロセッサーに※の材料とお好みの野菜の中のひとつを入れ混ぜる。

4、冷凍する場合は製氷皿に流し込み冷凍。冷凍し終わったら保存袋に入れ冷凍保存(保存期間2週間程度を目安に使い切る)。

 

「レンジ加熱で作ることができ、野菜の種類を変えてアレンジが可能です。冷蔵庫の余っている野菜を使って作ることができ、ママにも喜ばれると考えました」

 

お子さんが苦手な野菜でも、ポタージュにすると食べてくれそうですね。

 

料理未経験のパパでも絶対にできる「炊き込みごはん」

 

「料理なんて全然やったことない」というパパにもおすすめの、簡単幼児食レシピを教えていただきました!

 

にんじんの炊き込みごはん

■ 材料

白米3合、にんじんのすりおろし 1本分

 

ブロッコリーの炊き込みごはん

■ 材料

白米2合、ブロッコリーの茎1房分(電子レンジ 600wで3分加熱後フードプロセッサーにかける)

 

鯖と大根おろしの炊き込みごはん

■ 材料

白米3合、鯖の水煮缶1缶、大根おろし50g、生姜のすりおろし(微量)、にんじんのすりおろし1/3本分

 

■ 手順(上3品共通)

水の量は具材を入れた状態で、普通の白米を炊飯する要領で炊飯。

 

「すり下ろしてごはんを炊く時に入れるだけの簡単作業。すり下ろすには力がいるので、パパ向きのメニュー。鯖と大根おろしの炊き込みごはんはタンパク質、ミネラル、炭水化物がこの一品だけで同時に取れるのでとくに子どもに食べてほしいレシピです。鯖の水煮缶は年中通して手に入りやすく、日本中どの地域でも安価に手に入ります。鯖にはDHAやEPAという栄養素も含まれています。パパが休みの日に多めに作って冷凍ストックすることで、平日のママの家事を軽減することができますよ」

 

これを料理と呼んでいいのか、というほど簡単レシピ!!

 

ぜひぜひパパに試してほしいですね! 上手にできたら料理を好きになる第一歩になるかもしれません。

 

見た目のかわいさは、子どもの食欲にも影響する

 

お料理の見た目もとてもかわいらしいですが、お子さんの料理に対するリアクションはいかがですか?

 

「実際に体験したことを思い出せるように、ということも考えています。たとえば動物園に行った時はライオンやトラ、船を見に行った時は船の形。お花見に行った時は桜などです。そうすることによって記憶に単語や思い出を定着させたいと考えました。季節行事を楽しむことや文化を知ってほしいので、そういったモチーフを使うようにしています(ひな祭りの時はお雛様、イースターの時はウサギなど)。息子は虎の朝ごはんを見てガオーと鳴き真似をするなど、思い出して楽しんでいるようです。顔がついているものから食べるので、食に興味が湧いて、食欲にも影響していると感じます」

 

実体験やイベントごとを見た目に組み込むことで、記憶への定着を狙っているとのこと。食育のことをとても深く考えられているんですね。

 

子どもも楽しく食べながら学んでいけますし、いいことばかりです! やっぱり見た目にもこだわったごはんを作ってあげたいですね。

 

panakiyo14さんのInstagramでは日々お子さんの成長に合わせて素敵な幼児食が投稿されています。

 

まだ小さなお子さんがいらっしゃるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

料理が苦手なパパでもできる簡単レシピを参考に、この週末は家族で料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう