季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni子育て > 【読み聞かせコラムvol.16】汚れるのを極端に嫌がる子には

【読み聞かせコラムvol.16】汚れるのを極端に嫌がる子には

【読み聞かせコラムvol.16】汚れるのを極端に嫌がる子には

2018.05.25 | 小阪有花

保育園の現場で活躍中のチャイルドカウンセラー、小阪有花さん。ママやパパがお子さまに伝えたいけど上手に伝わらないお悩みをストーリーを交えてお答えする連載です。

 

物語は毎回そのお子さまに合わせた内容になっていますので、読み聞かせてあげたり、子育ての息抜きに見てみてくださいね。

 

16回目となるお悩みは、東京都にお住まいの4歳の男の子と1歳の女の子のママからです。

 

「息子は1歳から保育園に通っていて集団生活にも慣れていますが、汚れる遊びを極端に嫌がりどうしたものかと思っています。お友だちがみんなどろだらけになって砂場で遊んでいても、手でちょんちょんと砂をいじるくらいですぐパッパッと手払い。絵の具などで汚れるのも嫌がり無理にやらせようとすると泣きます。潔癖なのでしょうか…? 4歳になったし、もう少しダイナミックに遊んでもいいのにと心配しています」

 

物語

 

4歳の男の子の気持ちを弁解できているかは分からないのですが、かくゆう私も、泥遊び、砂遊びが大嫌いな子でした。

 

泥遊びの強制感や、子どもは外で元気よく! というのも、毎回押し付けに感じて苦しんでいたタイプです。

 

私は室内で絵を描くのが大好きで、その時間をとても大切に、貴重な時間として過ごしていました。

 

泥遊びは発達にいいですし、ぜひ遊んでもらいたいというお母さんの気持ちも分かります。

 

しかし、中には、潔癖でなくてもそうゆう遊びを苦手とする子もいます

 

まずは、お母さんやお父さんが、一緒に泥遊び等を共にし、それでも嫌がるようなら気にしないであげてください。

 

逆に、何を楽しいと思うのか、楽しいことの追求をしてあげる方が気持ちが満たされ、何かの拍子にほかのものにも関心が湧くかもしれません。

 

楽しいものを共有できるように接してみていただけると幸いです。

 

子育てのお悩み募集中!
お子さんの成長や性格、勉強のことなど気になることがありましたら、tomoniのTwitter(@MediaTomoni)まで気軽に相談をお寄せください。

 

関連記事

【読み聞かせコラムvol.15】幼稚園に行きたくないと言われたら

【読み聞かせコラムvol.14】怪我しそうな遊びを上手に回避させるには

【読み聞かせコラムvol.13】保育園で輪に溶け込めないと感じたら

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

小阪有花

小阪有花

チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラー、幼児食インストラクター。2009年にグラビアアイドルを引退後、憧れの保育の仕事に就き数々の保育園で働く。その経験を活かし、2015年春より保育園のコンサルタントをはじめ『ウィズママ保育園』をプロデュース。子どもが常に笑顔でいられる環境づくりを目指している。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう