季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni料理 > ひな祭りに作ってあげたい「はまぐりのお吸い物」

ひな祭りに作ってあげたい「はまぐりのお吸い物」

ひな祭りに作ってあげたい「はまぐりのお吸い物」

2018.02.22 | あぽももこ

出汁が命のお吸い物には、だしパックがおすすめ!

 

素材その物から出汁を取れるので、子どもにも安心で、お店のような香り、旨味が効いた出汁が簡単に味わえます。

 

シンプルな作り方ですが、おいしく作れるポイントやコツをレシピにしました。

 

はまぐりは貝がぴったり合わさることから、将来お雛様のようにぴったりの人と出会ってほしいという願う縁起もの。雛祭りにお試しください。

 

はまぐりのお吸い物

■ 材料[2人分]

はまぐり  4~6個
三つ葉   2本
手毬麩   4個
だしパック 1パック
酒     大さじ1
醤油    小さじ1/2
水     450cc

<砂抜き>
水     150cc
塩     小さじ1

 

■ 手順[15分]

1、砂抜き用の水に塩を溶かし、3%の塩水を作り、はまぐりが半分以上浸るようにし、1時間~1日砂抜きをしておく。

 

2、お湯を沸かし、箸で三つ葉の葉の下を挟み茎部分を湯に浸し結んでおく。

 

3、砂抜きしたはまぐりを洗い、鍋に水、だしパック、酒を入れ、蓋をし旨味を出すためにじっくりと弱火にかける。

 

4、沸騰してきたら蓋をとり、だしパックを3分煮出し絞らずに取り出す(絞ると汁が濁る)。

 

5、貝の口が開き火が通ったものから取り出し、網じゃくしでアクを取り除く(貝は火を通し過ぎると縮み固くなる)。

 

6、手毬麩、醤油を入れ、火を止め器に盛り最後に三つ葉を入れる。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

あぽももこ

あぽももこ

大切な人の笑顔と、「おいしい」の一言が、私のごはん作りの原動力。絵に描いたような田舎の農家で育ち、毎日の暮らしのなかで自然と家族から野菜の知識を学びました。それらの知識を活かし、体も心を元気になるれようにとレシピを考えて、作っています。My blog kitchen♡

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう