季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoniDIY > 家族みんながうれしい! おしゃれなのに子どもが喜ぶ家づくり

家族みんながうれしい! おしゃれなのに子どもが喜ぶ家づくり

家族みんながうれしい! おしゃれなのに子どもが喜ぶ家づくり

2018.03.07 | 横山かおり

自分が居心地のいい家、来客時に人に誉められるような家を目指そうと多くのママたちがインテリアに力を入れています。

 

でもそれって、子どもにとっても最高の家でしょうか?

 

人気インスタグラマーのakanemalさん(@akanemall)のご自宅は、お子さんたちも大満足の素敵な家。

 

実際どんな家かを拝見しつつ、子どもが喜ぶ家づくりについてお話を伺ってみました。

 

まるでアスレチックな子ども部屋

 

現在の子ども部屋は、どんな工夫がされていますか?

 

「壁の黒板はセルフペイントで、子どもたちと友だちと一緒に塗りました。自由に落書きができるように塗りましたが、好きな雑貨との相性もよく、写真を飾ったりアレンジが楽しめたりするのでおすすめです。梁の部分にハンモックのようにネットをしっかり張り、ロープはしごで登れるアスレチックのようにしています。ハンモックもブランコも主人の自作で、取りつけも行ってくれました。ロープはしごにしたのは腕の筋力を鍛えるためで、子どもたちも私もいい運動になっています。子ども部屋は将来的にふたつに仕切れるように作っていますが、まだまだ小さいので広々使えています」

 

まず壁一面が黒板になっているというのがポイント。壁一面、とまではいかなくても、最近では黒板リメイクシートなども販売されているので自宅に簡単に黒板を取りつけることができます。

 

のびのび大きく絵を描いたり、イベントの時は簡単に装飾代わりとして使ったりできるので、いろいろな楽しみ方がありそうですね。

 

またご主人自作のハンモック&ブランコ! 雨の日でも楽しく遊べそうですね。子どもたちが楽しいのはもちろん、木のぬくもりで温かな雰囲気も演出されていてとても絵になります。

 

いつでも家族がつながっている家

 

 

この写真ですが、いったいどんなつくりになっているのでしょうか?

 

「子どもが乗っている部分は、キッチンとリビングを結ぶ室内窓のようなイメージで作ってもらいました。ガラスを張らずアイアンの格子を取りつけ、子どもがリビングにいてもキッチンから見渡せたり、飲み物を渡したり、洗濯物をかけたりいろいろ活用しています」

 

とてもかわいらしい上に便利ですね! ちょっとした部分ではありますが、このつながりによって家族みんなが同じ空間にいるよう

 

声も届きやすいから安心感も生まれます。アイアンの格子もおしゃれですね。

 

大人目線でもおしゃれな家に

 

子どもが喜ぶ家というのはとても伝わってきましたが、大人から見てもとてもおしゃれな家に感じられます。家づくりのこだわりは何かありますか?

 

「扉をなるべくなくして、どこにいても家族の存在を感じることができ、どこにいても子どもの声が聞こえるようにしたいなと考えました。それが子ども達に安心感を与え、家でのびのびと過ごしてくれるようになっていたらいいかなと。おしゃれに見えているのはとてもうれしいです。もともと雑貨がすごく好きだったので雑貨を飾ってもごちゃっとならないように気をつけています。家自体はすごくシンプルにすっきりなるように床をモルタルにしたり、壁は白にしたりシンプルにしています」

 

この開放感のある家はakanemalさんの「家族とのつながり」を重視した結果なんですね。きっとお子さんたちも家族とのつながりを感じ成長しているに違いありません。

 

大好きな雑貨を生かせるよう、家そのものはシンプルにしているということ。

 

たしかにベースの家がごちゃごちゃしていたら気分も落ち着かなくなりそうです。飾りのたし算ひき算、難しいですが大切ですね。

 

DIY初心者にオススメなのは「ブランコ」

akanemalさんに、DIY初心者にもおすすめなアイテムを教えていただきました。

 

「我が家の初めてのDIYは、子どもが遊べるブランコでした。梁に結びつける簡単なものでしたが、すごく喜んで遊んでいるのでおすすめです。子どもはぶら下がったり登ったりが好きなので、ロープはしごをつけたり、ロープを吊り下げるだけでも楽しんで遊んでいます」

 

結びつける場所があれば、壁に穴をあけたり傷つけたりすることもなくブランコやロープを取りつけることができます。

 

ロープが切れたり落ちたりしないように注意は十分必要ですが、安全性さえ確保できれば子どもは喜ぶこと間違いなし。体力作りにも効果がありそうです。

 

子どもが喜ぶ子ども部屋を作りたい、とお考えの人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

おしゃれな家=いい家、というわけではありません。家族みんなが居心地よく、ちゃんと帰りたくなるような家がいい家です。

 

大人だけでなく子どもにとってもいい家を作るために、努力していきたいですね。

 

akanemalさんのInstagramでは、ほかにも素敵なご自宅のお写真がたくさん投稿されています。見ているだけでもほっこりするようなものばかり。ぜひチェックしてみてくださいね。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう