季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni夫婦 > それってパパをダメにする言葉かも。言い方ひとつで気持ちよく協力できる

それってパパをダメにする言葉かも。言い方ひとつで気持ちよく協力できる

それってパパをダメにする言葉かも。言い方ひとつで気持ちよく協力できる

2018.03.06 | NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

「旦那が家事を手伝ってくれない」「育児をしてくれない」というママの声をよく聞きます。

 

しかし、パパは最初からまったくしなかったのでしょうか?

 

エピソードを聞いていると「そりゃ、男なら誰だって育児や家事をしなくなるよ」と思う、パパをダメにする言葉を口にしているママが多いのです。

 

今回は、そんなパパのモチベーションを下げる言葉を知っていただくとともに、どんな言葉ならやる気がアップするのかをお伝えしたいと思います。

 

パパが家事・育児のモチベーションを下げる原因、第1位とは?

 

パパ50人に「もっとも家事や育児を放棄したくなった瞬間は?」というアンケートをとったところ、圧倒的な第1位が「家事をしたあとのママのひと言」でした。

 

具体的に寄せられた声を伝えると「洗濯物をたたんだのに『なにこのたたみ方。結局、私がやり直すのね』とタメ息をつかれた」や「掃除が終わったと伝えたら『中途半端じゃ意味ない』とキレられた」というもの。

 

つまりママによる「家事&育児での、パパの存在価値を認めない言葉」が、パパのヤル気を削ぐということが分かります。

 

その結果、「妻の言葉で頭に血が上り、それから一切、家事や育児はしていない」というパパも。何気ない一言で「一切しない」ところまでパパはモチベーションを下げているのです。

 

ちょっとした視点の切り替えが、パパを育てる言葉を見つけるコツ

 

では、パパが家事や育児を積極的にやりたくなるには、どんな言葉をかければよいでしょう。それを見つけるには、ちょっとした視点の切り替えが必要です。

 

まずは、家事・育児を「した結果」ではなく「する行為」に目を向けましょう。

 

ママに比べて家事をする時間が少ないパパが、ママより洗濯物をきれいに畳めないのは当然ですし、掃除に対する視野がママより狭いのも当然です。

 

家事や育児をした成果で判断しようとするからアラが目につき、文句を言いたくなるのです。

 

そうではなく洗濯物を畳んだ行為に目を向けたとしたらどうでしょう。「もっとこうすればスピーディーに、キレイに畳めるよ」と、文句がアドバイスに変わります。

 

掃除の時は「実はこんな場所にもホコリが溜まっているんだよ」となります。その言葉って、パパにとって家事・育児のスキルを上げるための、新してうれしい発見なんですよ。

 

かける言葉によって、その後のパパの行動が180度変わってきます。言葉って大切ですね。さあ、あなたも今から視点を変えて、パパを育てる言葉を口にしていきましょう。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

  • パパ
  • の記事をチェック!
NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

「笑ろてるパパがええやん!」をキャッチフレーズに、父親の子育てを【もっとワクワクできるものにする】ための仕掛けを関西各地で展開をしているNPO法人です。現役パパたちのリアルな体験談や気づきを、コラムにてお届けします。NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう