季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni料理 > 平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

2018.02.02 | あぽももこ

春の作り置きメニュー夏の作り置きメニュー秋の作り置きメニューに続いて、今回は、冬の食材をメインに使い、大人も子供を楽しめる作り置きにしてみました。

 

1品の作業時間が5~10分で、あとは味を染み込ませるのに冷まして置くだけ。作り置きすることで、さらにおいしくなるレシピです。

 

■ 献立

【月曜日のメニュー】白米、豚バラ白菜のうま煮、大根塩昆布漬け、大根味噌汁

【火曜日のメニュー】シーフードとほうれんそうのドリア、コロコロジャーマンポテト、オニオンスープ

【水曜日のメニュー】ボロネーゼ、白菜コールスロー、オニオンスープ

【木曜日のメニュー】白米、鶏大根卵の煮物、にんじんしりしり、白菜味噌汁

【金曜日のメニュー】白米、肉豆腐、大根ゆかり漬け

 

■ 使用全材料(調味料除く)[4人分]

大根          1本 1/3+1/3+1/3
白菜          1/2株 1/4+1/8+1/8
じゃがいも       2個
にんじん        2本 1+1/2+1/2
玉ねぎ         4個 2+1+1/2
えりんぎ        3本
冷凍ほうれん草     150g
冷凍シーフードミックス 260g
牛豚合挽き肉      300g
豚こま肉        300g
豚バラ肉        250g
鶏もも肉        2枚(400g)
ウィンナー       6本
ハム          4枚
トマト缶        1缶
ツナ缶         1缶
コーン         200g 100+100
クリームシチュールー  4個(4皿分)
ゆかり         適量
塩昆布         適量
卵           6個 4+2
豆腐          1丁(400g)
牛乳          1/2パック(500cc)
ピザ用チーズ      適量

※材料の横の記載は、各工程で実際に使用する分量です。

 

■ 手順[90~120分]

1、大根の漬物を2品作る

大根を3等分し、上部分1/3本を使う。半分を2mmのいちょう切りにし、袋に入れ、塩昆布を適量加え振る。もう半分を1cmの角切りにし、袋に入れ、ゆかりを適量加え振る。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

2、鶏、大根、卵の煮物を作る

大根の真ん中1/3本と、鶏もも肉を一口大に切る。炊飯器に、水300cc、めんつゆ大さじ2、しょうゆ大さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ1、すりおろしにんにく、しょうが、鷹の爪を少々入れ、アク取りシートを最後にのせ、普通炊飯で加熱。茹で卵を4個作り、保存時に一緒に入れる。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

3、肉豆腐を作る

玉ねぎ2個をくし切り、豆腐を8等分に切る。鍋に、水800cc、すき焼きのタレ150cc、玉ねぎ、豆腐を入れ火にかける。沸騰したら、豚こま肉をほぐしながら入れ、玉ねぎと肉に火が通ったら、煮込まず火から下ろす。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

4、ボロネーゼを作る

玉ねぎ1個、にんじん1/2本を一緒にフードプロセッサーでみじん切りにし、耐熱容器へ入れ、レンジで3分。トマト缶、合挽き肉、コンソメ5g、ケチャップ大さじ6、中農ソース大さじ2、牛乳大さじ2、オリーブ油大さじ1、すりおろしにんにく小さじ2、塩小さじ1/2、ピザ用チーズお好み量を入れ、よく混ぜ、蒸気の逃げ道をあけてラップし、レンジで5分、混ぜて、再び5分。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

5、ピーラにんじんしりしりを作る

にんじん1本をすべてピーラーでむき、フライパンにごま油適量入れ、さっと炒め、卵2個を加え箸で絡めるように混ぜ、ツナ、しょうゆ小さじ1、塩少々入れる。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

6、豚バラ白菜のうま煮を作る

豚バラ肉を5cm、白菜1/4株を2cm、にんじん1/2本、えりんぎを薄切りにする。ごま油適量をフライパンに入れ、先に豚バラ肉を炒め、白菜、にんじん、えりんぎを入れる。めんつゆ大さじ3、酒大さじ2、砂糖小さじ1、しょうゆ小さじ2を加え、蓋をし弱火で10分煮る。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

7、白菜コールスローを作る

白菜1/8株と、ハムを3mmの千切りにし軽く混ぜる。保存容器に、マヨネーズ大さじ2、すし酢大さじ2、オリーブオイル大さじ1、こしょう少々入れ混ぜ、白菜、ハム、コーン100gを入れて蓋をし振って混ぜる。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

8、コロコロジャーマンポテトを作る

じゃがいもを1.5cmの角切りにし、レンジで3分加熱。ウィンナーを1cmの輪切りにする。オリーブ油を適量入れ温めたフライパンに、じゃがいもを炒め、ウィンナー、コーン100gを加える。カレー粉、塩で味つけをする。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

9、シーフードとほうれんそうのドリアを作る

冷凍シーフードミックスをしっかり解凍、ほうれんそうは軽く解凍する。玉ねぎ1/2個を薄切り、ホワイトシチュールーを溶けやすいように大まかに切る。フライパンにオリーブ油を適量入れ温め、玉ねぎを炒めてから、シーフードミックス、ほうれんそうを加え軽く炒める。牛乳400ccを入れ、沸騰したらシチュールーを溶かす。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

10、仕上げ

鶏大根の煮物に、茹で卵を一緒に入れる。シーフードとほうれんそうのドリアは、食べる時にごはんにのせ、ピザ用チーズをのせてオーブンで焼き色がつく程度焼く。残った白菜、大根、玉ねぎは汁もの用などに。

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

平日分を2時間で作り置き!味がしみしみ、冬のほっこりメニュー

 

同じ材料をいろいろな調理法で

レシピごとに使う材料を続けて使用することで、スムーズに進みました。大根は、丸ごと1本を部分ごとにおいしく食べれる調理で使い分けています。

 

大人はうま煮とにんじんしりしり、子どもはドリアとコールスローが好評で、男子共通で、ジャーマンポテトのカレー味は鉄板でした。ドリアは冷やご飯を使い、楽でおいしかったのでおすすめです。

 

※作り置き作業時間や期間はいちライターの体験、経験によるものです。あくまで目安として、すべて自己の判断と責任においてご参考いただきますようお願いいたします。食品の取扱いにつきましては、衛生面に十分ご留意ください。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

あぽももこ

あぽももこ

大切な人の笑顔と、「おいしい」の一言が、私のごはん作りの原動力。絵に描いたような田舎の農家で育ち、毎日の暮らしのなかで自然と家族から野菜の知識を学びました。それらの知識を活かし、体も心を元気になるれようにとレシピを考えて、作っています。My blog kitchen♡

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう