季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni子育て > 〈実録〉ママたちのストレス発散法

〈実録〉ママたちのストレス発散法

〈実録〉ママたちのストレス発散法

2017.11.22 | 横山かおり

朝から晩まで家事をして、なかなか予定通りに進まない子どもの面倒を見て、1日が終わるころにはもうグッタリ。

 

休みの日くらいは助けてほしいのに、パパはなかなか起きない…。ママには休みがないのに…! もうママのストレスは爆発寸前!!

 

子どもはかわいいけど、ストレスは確実にたまっていきますよね。でもそのストレス、どうしていますか? うまく発散できていますか?

 

今回は、実際に子育て中のママたちにストレス発散方法についてお話を聞いてみました。最近イライラもやもやしている人、必見です!

 

とにかく飲んで騒ぐ

みんなどうしてる? 〈実録〉ママたちのストレス発散法

 

ストレス解消のために「ひとりカラオケ」に行く人も多いと聞きます。やっぱり大きな声を思いっきり出すとスッキリしますよね。でも子どもがいるとなかなか難しい。ストレス発散法が「騒ぐ派」のママからはこんなコメントが。

 

「ママ友と集まってキッズルームのあるカラオケに行きます。カラオケなら子どもが大声を出しても大丈夫。ママたちは歌ってもOKですが、基本的にしゃべり通しに。ノンアルコールドリンクで気分だけでも味わっています!」(4歳女の子と7歳男の子のママ)

 

「子どもはパパに預け、休みの日の夜に友だちと飲みに行きます。なかなか遅くに飲みに行くのは難しいので早め集合だったりしますが、友だちと子なしで飲むお酒は最高のストレス発散! とにかく飲んでしゃべって盛り上がります!」(2歳と6歳女の子のママ)

 

やっぱりママも女子。たくさんしゃべってたくさん笑うのが最高のストレス発散法とのこと。ママ友と夫の愚痴をこぼし合うのもよし、独身時代からの友だちと思い出話に花を咲かせるもよし。

 

子どもはいてもいなくても、意外と女子が集まれば楽しくなりますよ。鬱憤がたまっている人は女子会開催をおすすめします!

 

趣味に没頭して現実逃避

みんなどうしてる? 〈実録〉ママたちのストレス発散法

 

騒ぐ、というよりも静かにストレスを発散させていく人たちもいるようです。家で静かにストレスが発散できたらいいですよね。子どもが寝た後の時間をどう過ごすかはママ次第です。

 

「子どもが寝たあとは好きな俳優が出ている映画を見たりマンガを読んだりして、現実逃避でストレスを発散しています。いかに子どもを早く寝かせて自分の楽しみの時間を増やせるか、1日の過ごし方を考えながら過ごしています」(2歳女の子と6歳男の子のママ)

 

「最近『大人のぬりえ』にはまり、子どもが寝たあとやお昼寝の時間に没頭しています。ぬりえに集中している時は余計なことを考えないで済みますし、きれいにぬれた時は心までスッキリします。趣味ができて楽しみも増えました」(0歳女の子のママ)

 

子どもが寝た後の自分の時間を、自分なりに楽しんでいる人が多くいました。趣味や楽しみがあると今以上に暮らしが楽しくなります

 

昼間は家族のために時間を費やしてしまいがちですが、夜のひとり時間は自分のことも大切にしてあげたいですね。

 

マッサージやエステでリラックス

みんなどうしてる? 〈実録〉ママたちのストレス発散法

 

毎日子どもの抱っこや大きな荷物を持っての移動。ママたちの体は想像以上に凝り固まっています。マッサージやエステで体をほぐしてあげたいですよね。

 

「月1くらいでマッサージに行って体をリセットしています。体がスッキリすると心もスッキリ。『明日からまた頑張ろう』と思わせてくれます」(0歳女の子のママ)

 

「普段は余裕がなく、自分の体のケアまで全然できないので、ごほうびという形でエステに行っています。自分のこともちゃんと大切にできている気がして、心にも余裕ができます」(2歳女の子のママ)

 

マッサージやエステなど、体がスッキリすると心までスッキリするんですね。

 

お子さんがいてなかなか行けない、という人でも、最近は子連れOKのサロンが増えています。たまには自分の体も大切にして、心までスッキリしちゃいましょう!

 

EPARKリラク&エステでは、子連れOKのマッサージやエステも多く掲載されています。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

忙しい毎日でストレスはたまりがちですが、自分にピッタリの発散法で上手に解消していきましょう!

 

関連記事

いつもよりやさしくなれる気がしたマッサージ体験の話

ひとりの女性であることを思い出させてくれたリフレッシュタイム

2歳以上の子連れ旅行なら離島へ!バカンス気分を楽しめる4泊5日石垣島モデルコース

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう