季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni夫婦 > 考え方を共有して夫婦喧嘩を減らす「家族スローガン」のススメ

考え方を共有して夫婦喧嘩を減らす「家族スローガン」のススメ

考え方を共有して夫婦喧嘩を減らす「家族スローガン」のススメ

2017.11.15 | NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

笑顔があふれる、幸せな家庭を築いていきたい!

 

みなさん、そう宣言して結婚生活をスタートしたと思います。実践できていますか? 「つい、夫婦喧嘩しちゃう」なんてことありませんか?

 

今日は「夫婦喧嘩を減らして、幸せな家庭を作るコツ」を紹介します。

 

あなたにとっての幸せと、パートナーにとっての幸せは違う

 

幸せな結婚生活のために、あなたが大切だと考えることと、パートナーが大切だと考えることを知っていますか?

 

お互いに違う環境で暮らしてきているのですから、幸せな家庭に大切だと考えることがまったく同じということはまずありません。

 

この大切なものの共有をしていないために起こってしまう喧嘩って、実はすごく多いのです。

 

なのでまず、幸せを感じる結婚生活のイメージを話し合い共有する時間を持ちましょう。

 

1日の中で、どんな瞬間に幸せを感じるのか? 1年では? 1o年では? など、時間を軸にして話し合うと、夫婦で意見が合っている部分、ズレている部分が分かります。

 

それを知っているだけでイライラしたり、不安になることがグッと減り、お互いに信頼しやすくなりますよ。

 

幸せへの道しるべ「家族スローガン」を作ろう

 

そして幸せな結婚生活をより推進するために、ぜひ作ってほしいのが「家族スローガン」。

 

スローガンを作ると、作る幸せな家庭イメージを常に夫婦で共有することができます。そして、そのために必要な行動が具体的に分かってきます。

 

ある「月に2回は喧嘩をしてしまう」と話していた夫婦の話です。

 

彼らは「常に家族に対して、優しさと笑顔を向けられる心の余裕を大切にしたい」と考えて、「日々、60%の力で暮らす」という家族スローガンを作りました。

 

その結果、「70%の力で、心だけじゃなく時間や体力にも余裕を作りながら暮らしていたらイライラすることが減った」とのこと。そして「数か月に1回ほどしか喧嘩をしなくなった」と話してくれました。

 

そしてスローガンを作った前と比べて「気持ちが楽になって、夫婦関係がよくなった」と感じるそうです。スローガン効果、バッチリですね。

 

あなたも、パートナーと話し合う時間をもって、家族スローガンを作りませんか。ふたりの結婚生活が、より幸せなものになりますよ。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

「笑ろてるパパがええやん!」をキャッチフレーズに、父親の子育てを【もっとワクワクできるものにする】ための仕掛けを関西各地で展開をしているNPO法人です。現役パパたちのリアルな体験談や気づきを、コラムにてお届けします。NPO法人 ファザーリング・ジャパン 関西

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう