季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoniそうじ > 意識を変えれば掃除も楽しく! 年末の大掃除は今からはじめよう

意識を変えれば掃除も楽しく! 年末の大掃除は今からはじめよう

意識を変えれば掃除も楽しく! 年末の大掃除は今からはじめよう

2017.11.06 | 横山かおり

気がつけば今年もあとわずか。「今年のうちにやっておこう!」と思っていること、年末になってどんどん出てきませんか?

 

新年を気持ちよく迎えるために、やっぱりやっておきたいのは「大掃除」。今年は早めの準備でバタバタの年末を回避しちゃいましょう!

 

今回は、日々のお掃除技などが大人気のインスタグラマー、May*whiteさん(@mayblue2250)にお掃除についてのあれこれを教えていただきました。お掃除が苦手な人も、克服できるかもしれませんよ!

 

年末大掃除のための「準備」を今のうちに

意識を変えれば掃除も楽しく! 年末の大掃除は今からはじめよう

 

年末までまだ少し時間がありますが、大掃除を簡単にすませるために今からしておいたほうがいいことはありますか?

 

「掃除よりも時間がかかるのは整理整頓や不要品の処分です。今のうちからゴミの回収や不要品をリサイクルに回しておくと、大掃除がスムーズにはかどります。またお掃除リストを作り、掃除する場所を家族全員で把握しておくことも大切です。『大掃除は年末にしなくてはいけない』というわけではないので、本格的に寒くなる前にベランダや玄関、窓ガラスなどお外の掃除からはじめると段取りよく進みますよ」

 

なるほど。たしかに大掃除をする時って、掃除の前に「いる」「いらない」を分けるだけでかなりの時間をさいてしまいますよね。これを事前に済ませておくだけでかなりの時間短縮につながりそうです。

 

また年末年始は寒さが厳しいので、本格的な冬がくる前に外の掃除を済ませておくということ。

 

寒さに凍えて掃除がおろそかになる心配もないですし、早めに片付けてしまいたいですね!

 

見落としがちなのは「洗濯機の排水溝」

意識を変えれば掃除も楽しく! 年末の大掃除は今からはじめよう

 

家の中で意外と見落としがちな掃除ポイントはどこですか?

 

「毎日使う場所でも意外と見落としがちなポイントは『洗濯機の排水溝』です。まだ一度も掃除をしたことがない人も多いのでは? ここは毎日洗濯物の汚れが流れていく場所です。臭いの原因だけでなく、ゴミなどがたまると洗濯機故障の原因にもなりかねません。洗濯機の排水溝の掃除なんてたいへん…と思われがちですが、意外と簡単なのでぜひ試してみてください。お掃除方法をご紹介します」

 

【洗濯機排水溝の掃除方法】

1、排水ホースや排水トラップを外し、汚れに応じた洗剤で洗います。

2、排水溝の中もパイプユニッシュなどの洗剤を使用してきれいにします。

3、戻すとき、排水トラップに水を入れて戻さないと下水の臭いが上がってきてしまうので注意してください。慣れれば5~10分でできてしまう掃除なので、できれば月1でやったほうがいいお掃除ポイントです。

 

ご指摘の通り、一度も掃除をしたことありませんでした…!! 洗濯物の汚れなどの通り道、そりゃきれいなわけありませんよね。

 

最初は取り外したり戻したりする作業がたいへんかもしれませんが、慣れれば短時間でできてしまうとのこと。それを信じてこの年末は(いや、今月から)洗濯機の排水溝、掃除してみようと思います。

 

安心して使えるおすすめお掃除アイテム

意識を変えれば掃除も楽しく! 年末の大掃除は今からはじめよう

 

小さな子どもがいると掃除用品にも気を遣ってしまいますが、おすすめのアイテムはありますか?

 

「『ドーバー パストリーゼ77』というアルコールスプレーです。ひとつ持っているととても便利ですよ。食品にも直接かけられるくらいなので安心、安全です。子どものおもちゃの消毒にも使えますし、子どもがなめてしまう窓ガラスにもスプレーして拭きとるだけで、拭きムラなくきれいに仕上がります。お風呂の天井や壁にスプレーして拭きとるだけでも、カビ予防になりお風呂をピカピカに保てますよ」

 

ドーパー パストリーゼ77」を使っている人は、最近かなり増えていますよね。カビの生えやすい食品の防カビをはじめ、レンジや換気扇のこびりついた油汚れ、直接口に入れる歯ブラシにまで使えるほどありとあらゆるところで活用できます。

 

こんなに便利で安心、安全な製法。小さな子どもがいる家庭でも使えるなんてうれしいことだらけ。気になる人はぜひチェックしてみてください。

 

「誰のために掃除しているのか」を考え直す

意識を変えれば掃除も楽しく! 年末の大掃除は今からはじめよう

 

「掃除が苦手でなかなか気が進まない」という人は、どうしたらいいでしょうか?

 

「もともと私も掃除は嫌いでしたし、やり方が分からず放置していたことも少なくありませんでした。でも子どもが産まれて『汚いから触っちゃダメだよ』と何気なく言ったことが、私の掃除に対する考え方を変えました。汚いのであればきれいにしておけばいいだけ。子どもが触っちゃいけない理由にはなりません。『子どもが安心して遊べるために』『主人がホッと一息つける空間を作るために』と誰かのために掃除をしようと思っているので、今は掃除に対して何の苦もありません。むしろ今は子どもと一緒にコミュニケーションをとりながら楽しく掃除できるようになりました。掃除は『何のため』にするというより『誰のため』にするのかと考えてみたら、少し意識が変わるかもしれません」

 

心にグサグサと突き刺さるお言葉をありがとうございました…!

 

「汚いから触っちゃダメ」という言葉、多くの人が言ったことあるのではないでしょうか?

 

触れるようにきれいにすればいいんですよね。危ないものがないように、汚いものがないように、「家族のために」きれいにしたいんですよね。

 

きっと誰もがそのはずなのに、ついつい根本的なことを忘れてしまいがちです。

 

「年末だから」といって大掃除をするのではなく、「家族にきれいな場所できれいな空気を吸って欲しいから」「家族みんなで気持ちよく新年を迎えたいから」という気持ちで前向きに掃除に取り組みたいですね!

 

May*WhiteさんのInstagramでは、参考になるお掃除技がたくさん投稿されています。「よし! 掃除しよう!」という気にもさせてくれるので、ぜひチェックしてみたくださいね!

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

  • 年末
  • の記事をチェック!
横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう