季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni子育て > 不登校が増える二学期。子どもの様子が気になったら睡眠習慣の確認を

不登校が増える二学期。子どもの様子が気になったら睡眠習慣の確認を

不登校が増える二学期。子どもの様子が気になったら睡眠習慣の確認を

2017.09.01 | 品川裕香

子どもの自殺が二学期の始業式前後に多いことが、ここ最近よく報道されているのをご存じだと思います。

 

じつは、二学期は何も自殺だけが問題ではありません。

 

子どもの変化に要注意の二学期

 

もともと、小学校でも中学校でも二学期は生徒指導上も児童指導上も『要注意』の時期だと言われていました。

 

というのも、この時期に体調が悪くなったり、勉強の成績が落ちてきたり、学校に行かなくなったりなど「崩れる」ケースが増えることがわかってきたからです。

 

こういった現象はひとつの理由では起こりません。しかしながら、近年、急速に進んでいる睡眠に関する研究は、こういった現象の理由を一部説明してくれています。

 

ポイントは「夏休みの間に生活リズムが崩れたかどうか」です。

 

乳幼児期からの睡眠習慣が影響

 

兵庫県リハビリテーション中央病院の「子どもの睡眠と発達医療センター」によると、生活リズムが崩れ夜遅くまで起きていると睡眠の質も量も低下し、慢性的な睡眠欠乏状態になります。

 

このこと自体は20年ほど前から指摘されているのですが、最近特に医療従事者の間から指摘されるようになったのが乳幼児の睡眠欠乏です。

 

実際、厚生労働省の調査によると、3歳児のうち20%の子どもが深夜0時以降に入眠することがわかっています。

 

しかしながら、乳幼児期からこういった夜型の生活習慣が身についてしまうと、早い段階で社会不適応の状態が見られるようになります。

 

つまり、朝、活動の開始の時間に合わせて心身が整わず、保育園や幼稚園の登園渋りが起こり、それが登園拒否につながるのです。

 

睡眠時間の確認を

 

ちなみに、睡眠欠乏状態が続くことは子どもの注意集中に問題を起こし、学力低下にも直結することも証明されています。

 

二学期がはじまってから心身の不調を訴えたり、保育園や幼稚園、学校等に行くまでぐずぐずしていたり、行きたがらないなどの場合は、叱ったり無理やり行かせようとする前に『しっかり睡眠がとれているか』の確認をしましょう。

 

そのうえで、寝る4時間前にはスマホなどを止めて(ハーバード大の研究で寝る4時間前にスマホなどのブルーライトを見ないことが、質のよい睡眠を得るために重要というものがあります)、入眠時間そのものを早めるなどの軌道修正をすることが大事です。

 

※コメントはいちライターの体験、経験によるものです。

 

関連記事

1~5歳 乳幼児の生活リズムに異変? チェックポイント4つ

スマホやPC画面が子どもの睡眠に与える影響

朝起きれない子どもを動かす、朝ごはんのポイント

 

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

品川裕香

品川裕香

教育ジャ-ナリスト・編集者。文部科学省中央教育審議会委員。元内閣教育再生会議委員。出版社で雑誌・書籍の編集に携わった後、独立。教育・医療・社会問題を異文化理解・予防的観点から取材執筆。著書に『いじめない力、いじめられない力 60の〝脱いじめ〟トレーニング付』(岩崎書店)、「『働く』ために必要なこと: 就労不安定にならないために」(筑摩書房)など多数。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう