季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni子育て > アンケート結果発表!子どもの教育について考え始めたのはいつ?

アンケート結果発表!子どもの教育について考え始めたのはいつ?

アンケート結果発表!子どもの教育について考え始めたのはいつ?

2017.08.22 | tomoni編集部

tomoniではママ・パパに向けてtwitterで随時アンケートをしています。(みなさまぜひフォロー&ご参加お願いいたします^^)

 

今回のテーマは「子どもの教育」についてです。

 

 

 

 

twitterのアンケートなので、お子さまの年齢は不明ではありますが、約8割以上の方が小学校までに子どもの教育について気にし始めたと回答。

 

これに少し関連していますが、文部科学省で0歳~18 歳の子どもを持つ 20 歳~54 歳の父母 3,000 人に行われたアンケートでも、気になる結果がありましたのでご紹介したいと思います。

 

子育ての悩みは「子どもの勉強や進学のこと」が 59.9%

アンケート結果発表!子どもの教育について考え始めたのはいつ?

 

「家庭教育の総合的推進に関する調査研究~家庭教育支援の充実のための実態等把握調査研究~」報告書(平成28年度)では、子育てについての悩みや不安の項目で、「悩みや不安がある」は 41.4%で、「悩みや不安はあまりない」 が 48.3%、「悩みや不安は全くない」が 10.3%だそうです。

 

悩みの内容は「子どもの勉強や進学のこと」が 59.9%で最も高く、「子どものしつけやマナーのこと」が 47.4%、「子どもの健康や発達のこと」が 40.7%という結果に。

 

年代別、末子年齢別にみると、「子どもの勉強や進学のこと」は年代、 末子年齢が上がるにつれ、高くなる傾向がみられ、「子どものしつけやマナーのこと」は逆に低くなる傾向がみられます。

 

さらに、平成 20 年度調査と比較すると、「子どもの勉強や進学のこと」が 13.3 ポイントも高くなっていて、子どもの学習能力について気になっている方が増えていることがわかります。

 

そうは言っても、叱ってやらせるのではなく、進んでやりたいことができる環境にしてあげたいのが親心ですよね。子どもの教育について何かヒントが欲しいとき、教育ジャ-ナリストであり、文部科学省中央教育審議会委員を務める品川裕香さんの記事はとてもおすすめです。

 

また、記事のご意見・ご要望もtomoniのtwitterにぜひお寄せください。お待ちしております♪

 

関連記事

褒めて育てるの一歩先。「褒めるよりも認める」言葉がけを

学習能力や記憶力を上げるには、「海馬」を発達させる生活を

「10歳の壁」につまずかない勉強法って?

 

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

tomoni編集部

tomoni編集部

食べること、飲むこと、家族や友達とみんなで楽しく過ごすことが好き。「ともに過ごす時間を楽しむこと」をテーマに、食や健康など、日々の暮らしに役立つ情報をお届けします。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう