季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni美容・健康 > 夏の体調不良、もしかすると「冷え」が原因かも?

夏の体調不良、もしかすると「冷え」が原因かも?

夏の体調不良、もしかすると「冷え」が原因かも?

2017.08.23 | おトク♡主婦

子どもの夏休みも終わりが近づいてきました。蒸し暑かったり、クーラーや雨風で肌寒かったり、この時期、夏バテや疲れなど、体の不調を感じてはいませんか?

 

実は、夏に感じやすい不調の原因を「冷え」が引き起こしている可能性があります。

 

夏の冷えは、主に水分や冷たいものの摂りすぎ、クーラーの付けっ放しが多いと考えられます。そうすると、身体が冷えてしまい、胃腸に負担をかけてしまったり、慢性的なだるさやイライラ、生理不順など様々なトラブルを引き起こしやすくなります。

 

外気温が高い夏でも油断は大敵です! 今回は夏こそ気を付けたい冷え対策をご紹介します。

 

冷えが引き起こす不調

冷えによる不調

 

女性は男性に比べて筋肉量が少ないため冷えやすい体質と言えます。二の腕や太ももの内側などの柔らかい部分を触ってみてください。ひんやりしている方は自覚がなくても身体が冷えている可能性大。

 

冷えを放置していると、血管が収縮することから代謝が低下し、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。冷え性の方がむくみやすいのも血管が収縮し老廃物が滞るのが原因と言われています。

 

他にも、代謝が悪くなることで自律神経が乱れやすくなり、イライラしたり慢性的な頭痛、だるさなどの不調をもたらしてしまう可能性があります。

 

冷やさないための5つのポイント

1、3つの首を温めよう

首・手首・足首この3つの箇所には冷え解消に効果が期待できるツボが点在しています。私は自宅では夏でも靴下を履いて過ごすようにしています。冷房対策として羽織ものを常に持ち歩いていると、首や手首を冷やさずに済むのでおすすめです。

 

2、お水は常温

水分補給は大切ですが、できるだけ常温のお水を飲むようにしましょう。また、お砂糖やカフェインは摂りすぎると体温を下げてしまうのでほどほどに。

 

3、身体を温める食材を取り入れる

生姜やお魚、お肉などのタンパク質がおすすめ。逆に身体を冷やすと言われている食材は砂糖、パン、牛乳などです。食欲の落ちやすい夏場は、量より質の食事を心がけましょう。

 

4、週に3回は湯船に浸かろう

シャワーだけで済ましてしまいがちですが、入浴は身体を温めます! 毎日でなくても週に3回は湯船に浸かって、身体を温めながらリラックスしましょう。

 

5、即効性のあるマッサージ

プロの手を借りて冷えと夏疲れを一緒に解消しちゃいましょう。特にリンパマッサージがおすすめです。老廃物が溜まりやすいリンパと、血液の巡りがよくなるので、血行が促進されマッサージ後はぽかぽか。肩こりや腰痛などの悩みもケアしてくれるのも嬉しいですよね。

 

マッサージ・リラク・エステサロンの検索・予約ができる専門サイト「EPARKリラク&エステ」でリンパマッサージができるサロンを探してみる>>

 

EPARKリラク&エステは、キッズスペースがあり、他のお客さんを気にせずお子さまと一緒に行けるサロンや、施術や特徴別にサロンを探せます。飲食店の予約で「EPARK」をご利用いただいたことがある方なら、新たに会員登録をせずに、すぐにサロンのご予約にご利用いただけます。キャンペーンなど、おトクな割り引きも随時開催中です♪

 

冷えからくる夏の不調を解消して、最後まで思いっきり夏を満喫したいですね。

 

REV0006773

 

関連記事

女子力よ、甦れ!娘と一緒にビューティーデート

慢性的な美容・健康の悩み、今年こそ解決! 悩み別施術まとめ

自分へのご褒美♪ポイントで実質410円でマッサージを体験

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

おトク♡主婦

おトク♡主婦

趣味は懸賞。懸賞歴3年で海外旅行や国内旅行、高額家電など年間総額100万円相当を懸賞でゲット。懸賞は当たるものではなく「当てにいく」もの。1歳の息子と21歳上のアラフィフ旦那との3人家族。「楽しい事」と「おトクな事が」が大好き。みっちゅんのまったり懸賞日記

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう