季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni子育て > 男の子らしく育ってほしい…将来よりも「今」を見守って

男の子らしく育ってほしい…将来よりも「今」を見守って

男の子らしく育ってほしい…将来よりも「今」を見守って

2017.07.28 | 河村 都

家族の暮らしを楽しむメディア「tomoni(ともに)」で、伸び伸びとした子育て論が人気の河村都さん。河村さんに相談できるtomoni特別企画「お悩み相談コーナー」へ、今回も投稿をいただきました。

 

4人の子どもを持つお母さんからの相談です。

 

上の3人が女の子(中3、中1、小5)で末っ子は来年1年生になる男の子です。この男の子が3人の姉にかわいがられていますが、姉達の指示にもしっかりと従っています。この状況を見ていると、大人になって結婚したら相手の女性に言いなりになるのではないかと親としては不安になるのです。男らしく主導権が持てて、自立心があり、頼りがいのある男性に育ってほしいのです。この環境の中で親としてどのようにサポートしたら上記のような男性に育つのでしょうか?

 

「男の子らしく…女の子らしく…」は意味がない

男の子らしく…女の子らしく…より大切なのは「人間らしさ」

 

素敵なお姉さん達がいて、お母さんも末っ子の男の子も幸せですね。

 

今から男の子の将来を心配なさるなんてたいへんですね。ですがそもそも「男らしく…」とはどのようなことでしょうか?

 

私自身は「男の子らしく…女の子らしく…」の考えは一切ありません。

 

将来、もし息子のお嫁さんがしっかり者で主導権を持ったとして何が問題になるのでしょうか。どちらか一方がしっかりしていてラッキー!と思えばどうでしょうか。

 

主導権持たない側は、サポートするのが得意の場合があります。

 

「今」を見守って

男の子らしく…女の子らしく…より大切なのは「人間らしさ」

 

結婚は、それぞれの得意とする分野がお互いに引き出せれば幸せなことかと思います。

 

第一に、親が今から心配する内容ではないですよ。

 

お姉さん達にかわいがられている末っ子の男の子はちょっぴり甘えん坊で、きっと心の優しい青年に成長するのではないでしょうか。

 

お母さんは、親として大きく「今」を見守ってあげてくださいね。

 

大切なのは「人間らしく」

男の子らしく…女の子らしく…より大切なのは「人間らしさ」

男の子らしく、女の子らしく、の前に「人間らしく」が大切だと思います。

 

人間としての優しさ、人間としての深さを身につけることを重ねていければいいですね。お母さまは、できる限りそのサポートをしてあげればいいのです。

 

子育てでは、育てる親の「感性」が求められている、と私は考えています。

 

関連記事

5男4女の大家族ママ。「子育て」について思うこと

子どものできないことの裏側にある「よい面」を見逃さないで

子どもを叱る時は「本気で怒る」と「目をつぶる」のバランスが大事

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

  • 将来
  • の記事をチェック!
河村 都

河村 都

幼稚園教諭を経て、NHK番組「お母さんといっしょ」の「うごけぼくのえ」コーナーのお姉さんとしてレギュラー出演。その後、一般企業において人材教育など25年間にわたり従事。2007年オフィスカワムラを設立。現在、幼稚園・保育園の教職員セミナー、父母向け講演、「知育遊び」教材開発・教室運営等、幅広く行っている。Office Kawamura

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう