季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoniそうじ > 梅雨のカビ&ダニを防ごう。子どもがいても安心安全なお掃除方法

梅雨のカビ&ダニを防ごう。子どもがいても安心安全なお掃除方法

梅雨のカビ&ダニを防ごう。子どもがいても安心安全なお掃除方法

2017.06.21 | 横山かおり

湿気が多くジメジメとした季節がやってきました。梅雨時に嫌なのはカビやダニの発生。

 

アレルギーのあるお子さんがいたりするとなおさら、家の中を清潔に保ちたいですよね。

 

おしゃれで清潔感あふれるご自宅を投稿されている人気インスタグラマーのnozoさん(@noz__ie)は、自宅のお掃除記録もこまめにされています。

 

それがとてもタメになるものばかり! 今回はそんなnozoさんに、梅雨にしておきたいお掃除方法を伺ってみました。

 

念入りお掃除ポイントはココ!

梅雨のカビ&ダニを防ごう。子どもがいても安心安全なお掃除の方法

 

nozoさんが梅雨時にしている、カビ&ダニ防止策を教えてください!

 

「梅雨の季節には以下の点を重点的に対策しています。
1、洗濯槽のお掃除:酸素系漂白剤を1袋使って、つけ置き洗いをします。また毎日の洗濯でも洗濯槽のカビ対策&匂い対策に酸素系漂白剤をキャップ1杯入れています。
2、枕のケア:枕にはダニが多く潜んでいると言われています。洗えない枕はアイロンをかけてダニを死滅させ、そのあと掃除機で死骸を吸い取ってケアします。ちなみにこの作業は結構たいへんなので、最近枕を洗えるものに買い替えました。
3、毎日のお風呂掃除にプラスα:この時期いつもより念入りにお掃除する場所はお風呂場です。お風呂は毎日最後に入った人(私か夫)が洗って出てくるのですが、この時期はとくにピンクの水垢がつきやすいです。掃除方法はお風呂場の床を必ずブラシで洗い、最後にスクイージーや洗えるペーパータオルで水気をふき取ります。また定期的にカビに効くクエン酸水でつけ置きして、カビ対策をしています」

 

梅雨前にまとめて大掃除するのではなく、日々の積み重ねできちんと対策をしているんですね。

 

枕にたくさんのダニがいるとは知りませんでした。今すぐ枕を家族全員分買い替えたい…! ぜひ毎日のお掃除の参考にしてみてください。

 

今しておきたいのは布団のケア

梅雨のカビ&ダニを防ごう。子どもがいても安心安全なお掃除の方法

 

梅雨の時期にしておきたい忘れがちなお掃除ポイントってありますか?

 

「お掃除方法ではないのですが、この時期に冬用の羽毛布団をクリーニングに出して、そのまま10月頃まで保管してもらうサービスを利用しています。これをすることで、押し入れにスペースができ、通気性がいい状態を保てるようになりました。冬布団も湿気のケアを自分でしなくてよいので楽ですよ」

 

布団…! たしかに忘れがちです。寝苦しい季節になってからクリーニングに出すと、梅雨時にダニがたくさんたまっていそうですね。

 

ジメジメしたこの時期にクリーニングに出して、次に使う頃まで保管しておいてもらえると助かります。

 

 

子どもがいても安心なお掃除アイテム

梅雨のカビ&ダニを防ごう。子どもがいても安心安全なお掃除の方法

 

子どもがいると強力な薬品を使ってお掃除するのをためらってしまいますが、安心して使えるお掃除アイテムは何かありますか?

 

「我が家ではセスキ炭酸ソーダ、クエン酸、酸素系漂白剤、オレンジXを主に使っています。どれもナチュラルお掃除に使われるものなので、子どもの物を掃除するときにも気兼ねなく使えます。匂いがないものがほとんどなので、抗菌作用もあるハッカ油なども混ぜたりして香りも楽しんでいます」

 

聞き慣れない人もいるかもしれませんので簡単に説明をしておきます。

 

セスキ炭酸ソーダは重曹よりも使いやすいアルカリ剤。人や環境にもやさしく、ナチュラルクリーニングにピッタリです。

 

クエン酸は水回りの汚れに特に効果的なアイテム。ただ塩素系の洗剤と混ぜると有毒ガスが出てしまうので注意しましょう。

 

オレンジXは天然成分の万能洗剤です。天然成分なので安心して使うことができますね。自分でどんなものなら安心して使えるのか、成分表などをよく見てお掃除していきましょう!

 

頑張りたいのは床掃除

梅雨のカビ&ダニを防ごう。子どもがいても安心安全なお掃除の方法

 

nozoさんがいつも掃除をしていくうえで、どこが重要な掃除場所だと思いますか?

 

「一番大切にしているのは床掃除です。といっても、毎日しっかり水拭きして徹底しているというわけではありません。フローリングは起きたら朝一番にドライモップで埃をとって、カーぺット部分は掃除機をかける。毎日最低限それを朝の時間帯に終わらせることで、気持ちがものすごく楽になります。一番面積の広い床の掃除だけでも終わっていれば、ほかの場所のお掃除ができていなくてもかなり罪悪感が減ります。子どもたちが床を転げまわっても大丈夫。床掃除は自分の気持ちを楽にするという意味で一番重要です」

 

母として主婦として、とても納得できるお答えをありがとうございます! とりあえず、床がきれいなだけで罪悪感が減るのはよくわかります。

 

お掃除をすることで気持ちが楽になるのはとても大切なこと。無理のない程度に、家族のためにも梅雨時のお掃除を頑張っていきたいですね!

 

nozoさんのInstagramでは「nozお掃除記録」というタグをつけて過去の色々なお掃除を見ることもできます。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

※コメントは個人の体験、経験によるものです。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう