季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni料理 > 茶色ばかりの食卓を「彩りごはん」に変えるコツ

茶色ばかりの食卓を「彩りごはん」に変えるコツ

茶色ばかりの食卓を「彩りごはん」に変えるコツ

2017.06.14 | 横山かおり

夫や子どもが好きなメニューを食卓に並べると、なんだか茶色ばかりになりがち。そんなことありませんか?

 

みんなが喜ぶごはんを作りたいけど、彩りもよくして見た目も素敵な食卓を目指したいですよね。

 

インスタグラマーで栄養士の資格も持つtomoさん(@mita_tomo)は、いつも彩り豊かでボリュームもたっぷりのおいしそうなごはんを投稿しています。

 

今回はそんなtomoさんに、彩りごはんを簡単に作れるコツを伺いました!

 

ポイントは赤・緑・黄色の食材

 

「簡単彩りごはんを作るポイントは、赤・緑・黄色の食材を使うことです。最近は紫色の食材(紫キャベツ、紅しぐれ、紫小松菜、紫カリフラワー、紫アスパラガスなど)も農産物直売所で見かけるようになりました。彩りのよい料理を作ることによって、自然に栄養バランスのよい食事になります。農産物直売所に行くと普段見かけない食材も多く、お手頃な値段で売っています」

 

食事でも基本の三原色が大切ということ。たしかに、紫の食材が入っていると「この人料理できるな」という印象を受けますよね。

 

農産物直売所は節約にもなり、新しい食材とも出会えるのですごく楽しそうですね!近くにある方は一度行ってみることをおすすめします。

 

さらに、2点ポイントを教えてくださいました。

 

「お店に掲示されている食材の調理の仕方やレシピなどの情報も参考にしています。料理に合わせた器を選び、高さをだして盛りつけるようにするときれいにおいしく見えますよ」

 

夕ご飯の余りもので彩り弁当も

 

tomoさんのInstagramには息子さんのお弁当写真もよく出てきます。そのお弁当がまた美しいこと! 忙しい朝からなぜそんな彩り弁当ができるのでしょうか?

 

「3食のごはん作りを頑張りすぎると疲れてしまうので、私は冷凍食品・調理品などもうまく活用しています。とくに作り置きなどはせず、普段の食事で多めにできたり、余ってしまったものをアレンジしたりしてお弁当に入れています。チキンナゲットなどは多めに作り冷凍し、お弁当用としてストックしています」

 

たまに「夕飯作りすぎちゃった」なんていうときはお弁当用に冷凍しておくことができますよね。これなら時間を作って頑張らなくてもできそうです。

 

彩りごはんは美容&健康にもGOOD

 

tomoさんの投稿には、アンチエイジングなど、美容と健康を意識したメニューもたくさんでてきます。どんなことに気をつければいいのでしょうか?

 

「私がアンチエイジングのために食べているものは、ポリフェノール・ビタミン・アスタキサンチンが多く含まれているものです。たとえば青パパイヤ・紫色の野菜・鮭など。先日お蕎麦屋さんで食べた酵素玄米もおいしかったので、レシピをネットで検索して作り、食べるようになりました。アンチエイジングや免疫力アップのためにいろいろな食材を取り入れるようになってからお肌トラブルも少なくなり、体調もよくなりました。体にいいからといって、同じものを食べ続けると栄養が偏ってしまうので、バランスよくバラエティ豊かな食材を取り入れるようにしています」

 

ポリフェノール・ビタミン・アスタキサンチンはすべて抗酸化物質が豊富と言われています。美容と健康にいいと言われている食材は、積極的にとっていきたいですよね。

 

食事の内容を自分が目指すものに変えていけば、自然と効果がでてくるはず。彩り豊かなごはんを心がけると体質改善や美容にも効果が期待できそうです!

 

忙しい日でも簡単にできるおすすめメニュー

料理が苦手な人やとにかく忙しい人のために、美容と健康にものおすすめ簡単メニューを教えていただきました!

 

〈さんまのゴマソテー〉

さんまを三枚におろし、塩こしょうをしてからごまを振りかけます。あとは油をひいたフライパンで焼くだけ。お好みでソースをかけて食べてもおいしいです。

 

〈茹で鶏のサラダ〉

ヘルシーな茹で鶏は、茹で汁もムダなくスープとして使え、サラダや和え物などにアレンジできます。私のおすすめ料理は、野菜もたっぷり食べられる「よだれ鶏」です。ぽん酢とラー油でも、簡単によだれ鶏風になります。

※よだれ鶏とは茹でた鶏肉を冷やしてスライスし、ソース(香辛料や薬味などがはいったもの)をかけて食べる料理です。

 

〈青パパイヤとバナナのスムージー〉

冷凍バナナ1本、青パパイヤ30g、牛乳150ccを混ぜてジューサーにかけるだけ!

 

とくにレシピというほどの工程もない簡単なメニューばかり!でも、どれも手の込んだおしゃれなメニューに見えるのがうれしいですね。ぜひ作ってみたい3品です。

 

tomoさんはここで紹介した以外にも、たくさんの料理をInstagramで投稿されています。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

 
※コメントは個人の体験、経験によるものです。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう