季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni節約 > 夫婦ふたりで食費月15,000円!おいしく楽しく品数の多い節約料理を作るコツ

夫婦ふたりで食費月15,000円!おいしく楽しく品数の多い節約料理を作るコツ

夫婦ふたりで食費月15,000円!おいしく楽しく品数の多い節約料理を作るコツ

2017.05.11 | 横山かおり

「家族においしい料理を食べてもらいたい」「でも月々の食費をどうにか押さえたい」。世の中の主婦やママたちは、日々奮闘しているのではないでしょうか。

 

人気インスタグラマーのなちこさん(@nachico0214)は日々とてもおいしいそうな料理を投稿されています。一見とても豪華な食卓ですが、どれも節約料理なのが人気のポイント!

 

今回は、なちこさんにおいしい節約料理を作るポイントを聞いてみました。主婦のみなさん、一見の価値アリですよ!

 

節約料理でも品数を多めに

夫婦ふたりで食費月15000円! おいしく楽しく品数の多い節約料理を作るコツ

 

節約料理とは思えないほど多くの品数を作っているなちこさん。ポイントは何ですか?

 

「季節に関係なく安定して安い食材(納豆、豆腐など)や、自家製冷凍食材を活用しています。おかずの中で一番コストのかかる主菜の量が少なくても夫に満足してもらえるよう、副菜を多く作るようにしたのがきっかけです。副菜は和えてすぐできるものが多いです」

 

ポイントは主菜の量を減らして副菜を増やす。品数が多いと主菜の量が多くなくても豪華に見えますね。副菜でコストを下げれば1食の金額も減っていくということ。

 

「品数が増えると手間も増える」と思いがちですが、なちこさんのように野菜の下準備を済ませて冷凍しておけば使いたいときにすぐに使えてとても便利です。

 

調理法も工夫して節約!

夫婦ふたりで食費月15000円! おいしく楽しく品数の多い節約料理を作るコツ

高野豆腐でカサ増しからあげ

 

節約料理を作るときのポイントは何かありますか?

 

「一番コストのかかる主菜は、安い食材を使ってなるべくカサ増しするようにしています。今、一番ハマっているカサ増し食材は『厚揚げ』です。少し手間ですが、豚ひき肉と鶏ひき肉は買わずにフードプロセッサーを使ってミンチにしています」

 

なちこさんは厚揚げや高野豆腐、お麩なども上手に使ってカサ増ししているようです。安い食材でカサ増しをすればお肉の量は少なくて済みますし、立派な節約に。見た目も全然わかりません。

 

少し手間だと感じる人もいるかもしれませんが、このひと手間で月々の食費がグンと変わったら…。みなさんも一度やってみたいと思いませんか?

 

節約料理は買い物から勝負!

夫婦ふたりで食費月15000円! おいしく楽しく品数の多い節約料理を作るコツ

 

節約料理を作るうえで、買い物が重要になってくるはず。どんなことに気をつけていますか?

 

「調味料が安いスーパー、お魚が安いスーパーなど、スーパーによって買うものを分けています。また、買う・買わないの価格ボーダーラインを決めています(豚こま肉は100g98円以下でない場合は買うのをやめるなど)。食材のだいたいの最安値を把握し、なるべく安いときに買うようにしています。希望価格ではない場合、他のお買い得品を買い、そのお買い得品を使ってできるレシピを調べて作ったりしていますよ」

 

節約は日頃の積み重ね。スーパーでのだいたいの最安値をしっかり頭に入れておくことが大切なんですね。

 

そしてスーパーを使い分けるのもポイント。「面倒だから1か所のスーパーでまとめたい」という人も多いと思いますが、このひと手間でかなり食費が変わってきます。

 

これはスーパーだけではなくて薬局などでも同じ。近所のスーパーや薬局、お散歩がてらに一度値段比べに行ってみるのもおすすめです。新たな発見があるかも?

 

なちこさんおすすめ、簡単節約レシピ!

いつもおいしそうな節約料理を投稿されているなちこさんに、簡単おすすめ節約レシピを教えていただきました!

 

<鶏胸肉のマスタードポン酢焼き>

 

夫婦ふたりで食費月15000円! おいしく楽しく品数の多い節約料理を作るコツ

 

■ 材料[2人分]

鶏胸肉    1枚
塩      小さじ1/2
砂糖     小さじ1/2
水      大さじ2
片栗粉    適量
ポン酢    大さじ2
粒マスタード 大さじ1/2

 

■ 手順

1、塩・砂糖・水を混ぜておく。

2、鶏胸肉1枚が柔らかくなるように、1に30分漬けておく。

3、2の鶏胸肉をそぎ切りにし、片栗粉をまぶして弱めの中火でじっくり火を通す。

4、最後にポン酢、粒マスタードを混ぜたものを入れ、からめたら完成。

 

<パプリカとピーマンの豚こまロール>

 

夫婦ふたりで食費月15000円! おいしく楽しく品数の多い節約料理を作るコツ

 

■ 材料[2人分]

豚こま肉     1個につき2枚
パプリカ     適量
塩・胡椒・小麦粉 少々

 

(バッター液)

小麦粉   大さじ4
水     大さじ3
マヨネーズ 大さじ1
パン粉   適量

 

■ 手順

1、巻きやすそうな豚こま肉を2枚選び、1/3くらい重ねてつなげ、塩胡椒・小麦粉を振ってから、千切りにしたパプリカとピーマンを巻く。

2、小麦粉、水、マヨネーズを混ぜてバッター液を作る。

3、1を2にくぐらせ、パン粉をつけてキツネ色になるまで揚げたら完成。

 

どちらも節約料理とは思えないほど、ボリュームもあり見た目も素敵なメニュー。お子さんがいる家庭ではマスタードの量を調節してみてくださいね。

 

豚こま料理では野菜もおいしく食べられて母としてはうれしい限り。中の野菜を変えればアレンジもできていいですね。

 

なちこさんはInstagramで日々節約料理を投稿されています。ここには載っていないものがたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

節約料理だからといって見るからに質素なごはんは寂しいもの。ひと手間加えて、豪華でおいしい節約料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう