季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni節約 > 2歳児のママが100均パトロール。絶対買い!なお風呂のおもちゃ3点〈キャンドゥ編〉

2歳児のママが100均パトロール。絶対買い!なお風呂のおもちゃ3点〈キャンドゥ編〉

2歳児のママが100均パトロール。絶対買い!なお風呂のおもちゃ3点〈キャンドゥ編〉

2017.04.20 | ヤスエ メグミ

今や「100均に行けば何でもそろう!」と言っても過言ではない時代。

 

あまりの品揃えのよさに「これを買おう」と決めて行ってもついついほかの物にまで手が伸びてしまいます。でも子育て中は、それでなくても片づけが追いつかず散らかりがちなため、極力物を増やしたくありませんよね。

 

そこで、2歳男児、子育て中の私が、実際に使ってみて「これはおすすめ!」と思ったキャンドゥのお風呂のおもちゃ3点を紹介します。

 

1、おふろポスター にほんちず

キャンドゥおふろポスターにほんちず

 

こちらは、日本地図に、それぞれひらがなで県名とその県を代表する物のイラストが描かれているポスターです。じつはこちらを購入する前に、我が家では、同じシリーズの「あいうえおの表」を貼っていました。それぞれの欄に「あいす」「いちご」「うきわ」など文字とイラストが描かれているものです。

 

少しでも言葉を覚える助けになるかなと思ったのですが、2歳では文字はまだ早かったようで、あいうえおより、イラストを見て名前を言って満足。全部言えるようになって飽きてしまいました。

 

そこで、文字ではなくイラストで覚えて役に立ちそうなものを探したところ「おふろポスター にほんちず」を発見。

 

いろいろな種類がある中で、なぜ「にほんちず」を選んだかと言うと、覚えておいて損はないから!なんだかわからないけど、「この形は○○県でここにある」と覚えてしまえばずっと役に立ちますし、正直、遠方になるとうろ覚えの私も一緒に勉強になります。

 

少し水で濡らして貼るだけで全然はがれてこないところもおすすめポイント。もちろんはがしても跡など残りませんよ。

 

2、パクパク金魚すくい

キャンドゥパクパク金魚すくい

 

お風呂で使うおもちゃって、だいたい、水に浮くもの、水鉄砲のように水を飛ばせるもの、ねじを回して進むもののどれかになりがち。

 

あひるや車、飛行機など、形は違う物の、遊び方は同じなので子どもも飽きてしまいます。かといって2歳だと、あまり難しいおもちゃは使いこなせません。

 

「調度いいものがないかな」と思っていた時に見つけたのが「パクパク金魚すくい」。ピンクとグリーンの2種類。

 

キャンドゥパクパク金魚すくい2

 

青、赤、黄色、オレンジの4匹の金魚をあわドンで金魚すくいのようにすくい、口を開けてお腹の方に入れることができるおもちゃです。

 

2歳児には4匹全部をすくってお腹におさめるのができそうでできない、なんとも調度いい難易度のようで、毎日夢中で挑戦しています。

 

抱っこしてお風呂に浸かっている間にぱくぱくさせれば、じっと浸かるのが苦手な子もしっかり温まることができそうです。

 

3、どうぶつおかたづけネット

キャンドゥおかたづけネット

 

こちらは、どんどん増えてしまうお風呂のおもちゃを一気に収納できる吊り下げ型のネット。アヒル、イルカ、カエルの3種類があります。

 

もちろん今までも、おもちゃは水はけのよいネットに入れて吊り下げていましたが、引っ掛けるところがひとつしかないタイプと、吸盤で張り付けるタイプを使用していました。

 

引っ掛けるところがひとつしかないタイプだと、片手でおもちゃが取り出しにくい

 

2歳児はまだ足元がおぼつかないため、お風呂で目を離すのは厳禁です。そんな中、両手を使ってネットを開きおもちゃを出し入れしなければいけないのはちょっと危険。また、吸盤で張り付けるタイプは少し重くなるとはがれてしまうことも…。

 

キャンドゥおかたづけネット使用例

 

「どうぶつおかたづけネット」にも吸盤はついていますが、2か所引っ掛けるところがあるので、フックなどで吊るして使うのがおすすめです!

 

出し入れしやすく、抱っこしたままでもおもちゃが取れますし、結構重い物を入れても落ちてくる心配もありません。

 

キャンドゥお風呂のおすすめおもちゃ

 

実際に今まで使っていたものと比べて、少しの差で「便利になる」「使える!」と思ったものをピックアップしてみました。

 

「うちの子にはまだ早いかも」「すぐ飽きちゃったな」などとならないために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

ヤスエ メグミ

ヤスエ メグミ

フリーランスのライター。WEBメディアの編集や紙媒体のDTPも行う。結婚、離婚、再婚、不妊治療を経て、現在ようやくいっぱしの子育てママに。手を抜きながら、楽しい家族の時間を過ごせる方法を模索中。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう