季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni子育て > 子どものできないことの裏側にある「よい面」を見逃さないで

子どものできないことの裏側にある「よい面」を見逃さないで

子どものできないことの裏側にある「よい面」を見逃さないで

2017.04.25 | 河村 都

家族の暮らしを楽しむメディア「tomoni(ともに)」で、伸び伸びとした子育て論が人気の河村都さん。河村さんに相談できるtomoni特別企画「お悩み相談コーナー」へ、今回も投稿をいただきました。

 

年長さんの男の子のお母さんからの相談です。

 

我が子について担任の先生に「あの子は幼稚園でどうですか?」と質問すると、必ず褒める答えが返ってきます。いつもいつも我が子を褒めてばかり…。でも例えば親としては、「集中力が欠けているのでお家ではこんなこをさせてはどうでしょうか?」のような欠点を、先生の意見としてはっきり助言してほしいのです。子どもには親には見えていない欠点が必ずあると思います。もし遠慮なくそういう面を指摘くだされば、親も注意して子どもをよりよい方向に変えていくことができるのではないでしょうか?先生はなぜあんなに子どもを褒めるのでしょうか?

 

小さいうちはいいところに光を当てる

子どもはみんなリバーシブル。できないことの裏側にある「よい面」を見逃さないで

 

我が子を愛する、お母さんの一生懸命なお気持ちが伝わってくるようです。

 

ちょっと方向を変えて考えてみると、まだ5歳くらいの子どもに指摘すべき欠点があるのでしょうか

 

先生はたくさんの子どもたちの中からあなたのお子さんを見ています。時には集中力に欠ける場面もあるかもしれませんが、それは他の事に興味深々になっていたり、疲れている場合だってあるかもしれません。

 

我が子のいいところを消してしまうかも

先生が褒めてくださったのなら、そのまま素直に受け止めていいのではないでしょうか。

 

もし先生が「お宅のお子さん、他の子に比べて少し集中力がないですね」などと言えば、お母さんはそのことが気になり、家で我が子が遊んでいても食事をしていても、注意をしてしまうでしょう。

 

「もっと集中してご飯を食べなさい!」「どうして遊びに飽きてしまうの?集中力がないからよ」と。その注意する言葉によって、その子が持っているたくさんのよさが消えてしまうかもしれません。

 

子どものよいところを見逃さないで

子どもはみんなリバーシブル。できないことの裏側にある「よい面」を見逃さないで

 

「子どもはみんなリバーシブル」と私は講演でお話します。その子の欠点に思えるチェック柄の裏側には、必ず素敵に輝く水玉柄が隠れているのです。

 

子どもは心の中で叫んでいます「お母さん!知ってる? 僕さ、集中力ない時もあるけどいつも楽しく元気に友だちと遊んでいるんだよ。友だちにも親切にするから先生が褒めてくれたんだよ」と。

 

先生方はきっとそれぞれのお子さんの、チェック柄の裏側に隠れている水玉柄をキャッチなさっているのだと思います。リバーシブルの裏側の輝く水玉を見つけられるお母さんであってほしいと心より願います。

 

子育てのお悩み募集中!
河村都さんがお父さん、お母さんの子育ての悩みに回答してくれる、tomoni投稿企画を実施中。お子さんの成長や性格、勉強のことなど気になることがありましたら、気軽に相談をお寄せください。お待ちしております♪

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

河村 都

河村 都

幼稚園教諭を経て、NHK番組「お母さんといっしょ」の「うごけぼくのえ」コーナーのお姉さんとしてレギュラー出演。その後、一般企業において人材教育など25年間にわたり従事。2007年オフィスカワムラを設立。現在、幼稚園・保育園の教職員セミナー、父母向け講演、「知育遊び」教材開発・教室運営等、幅広く行っている。Office Kawamura

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう