季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoniおでかけ > 【行列に並ばない】コスパよし!大起水産でこの時期に食べたい「旬の鮮魚」

【行列に並ばない】コスパよし!大起水産でこの時期に食べたい「旬の鮮魚」

【行列に並ばない】コスパよし!大起水産でこの時期に食べたい「旬の鮮魚」

2017.03.06 | ユーザーレポート

大起水産」は1975年から魚介類の卸売業をスタート。とにかく「鮮度」にこだわりを持ち、回転寿司店ではあまり見かけないような珍しい旬な魚も並びます。お店いち押しの「本まぐろ」は、まぐろ好きなら一度は味わってほしい一品です。

 

こんにちは!京都在住お寿司大好きおじさん、ぱぶちゃんです♪

 

京都は今年は雪が積もる日もあり、寒い日が続いていましたが、ここ最近は徐々に寒さが緩む日が増えてきました。

 

「旬のなごり」と「旬のはしり」

この時期は、冬に旬を迎えた魚「旬のなごり」と、春先に旬を迎える魚「旬のはしり」と両方をいただけるのが醍醐味!

 

ということで、鮮魚の握りに定評がある大起水産回転寿司の、京都伏見店さんに伺いました~♪

 

混雑を避けるため11時の開店と同時に入店しました。まだ他のお客さんがいないので「いらっしゃいませ~!」という威勢のいい声が店舗中に響き、とても清々しい気持ちになります(笑)。

人気店「大起水産回転寿司」に行くなら、行列に並ばず入れる予約サービス「EPARK」をご利用ください!※一部店舗はWEB予約対応、他は店頭発券機で予約対応

 

さてさて、今回のテーマでもある「旬」のネタは回っていますかね~?おっ!「旬のはしり」を発見しました~。

 

やりいか 150円(税抜)

 

やりいかの産卵期は春なので、最もおいしくなるのは冬と言われています。

 

しかし、沿岸に寄ってくる春に漁獲の最盛期を迎えるため、地方によっては春が旬とされている所もあります。

 

うん!柔らかいですね。柔らかいながらも、ちゃんとイカ独特の弾力もあります。シャリと合わさると噛んでいくうちに甘味がほのかに感じられます。

 

活〆真鯛霜降り 250円(税抜)

 

次は何を取りましょうかね~。おっ、おいしそうな鯛が回ってきました!

 

旬は産卵期直前の桜の季節と言われていて、この頃のタイを特に「桜鯛」と言って重宝するそう。

 

ただ、1月か2月の厳寒期のほうがおいしいという人もいるようで、私はそっちの派閥です(笑)。

 

おいしそうな真鯛のお皿には、大葉とレモンが添えられています。レモンを軽く絞って、ポン酢でいただいてみます!

 

さすがは厳寒期を乗り越えただけあって、身が絞っていますね。ポン酢とレモンであっさり食べられるのがgoodです♪

 

大起水産回転寿司では、その日に入荷した天然魚の握りを、メニュー表とは別に店内に短冊で掲示してくれています。

 

※天然魚は天候等による仕入れ状況によって内容や価格が変動します

 

旬というくくりで言うならば「平あじの握り」150円(税抜)と、「黒鯛(ちぬ)の握り」200円(税抜)といったところでしょうか…。

 

平あじ 150円(税抜)

 

あじは、暖流にのって日本の周辺の海を回遊し、季節を問わず漁獲される魚です。一般的にあじの旬は5~7月と言われていますが、魚偏に「参」と書くように、3月が旬という説もありますよね。

 

では、いただきます! 身がとても締まっていて、ほどよい脂も感じられますね~。

 

黒鯛(ちぬ) 200円(税抜)

 

西日本以外の方は「ちぬ」という呼称に違和感を感じられるかもしれませんが、黒鯛は成長に応じて名前が変わる出世魚。

 

関東では、チンチン→カイズ→クロダイ。関西では、ババタレ→チヌ→オオスケと呼ばれています。このチヌが一番美味しい時期は1、2月頃だと言われていて、「寒チヌ」とも呼ばれています。

 

こちらはわさび醤油でいただきま~す。うん、こちらも身がよく締まっています。脂ものっていて、やはりわさび醤油がよく合います。

 

かわはぎ 350円(税抜)

 

「天然魚」というPOPとともに回ってまいりました~♪ 通常メニューにはなさそうですね。

 

身がおいしいと言われるカワハギの旬は6月~8月頃と、肝がおいしいくなる時期の11月~2月頃と言われます。

 

今回のお皿には、肝はのっていなかったのですが、見た目にもプリプリしていて、おいしそうだったので、「旬のなごり」ではありますが、思わず取ってしまいました。

 

さっそくポン酢で一口でいただきますと、身が口の中で踊ります。淡白な味わいですので、ポン酢がよく合いますね~。大起水産さん!次回は肝付きのお皿で、肝醤油でいただきたいものですな(笑)。

 

以上が、大起水産回転寿司京都伏見店のレポートでした!

 

京都伏見店は、京都府内では初の大起水産の店舗で、開店から1年も経っていないので、まだ新しくキレイな店内が印象的でしたよ~。

 

国道1号線沿いという抜群の立地で駐車場も広かったので、車での来店も安心ですね♪

「大起水産回転寿司」の混雑チェックは、「EPARK」で!

EPARKのジャンル別飲食店

EPARKは、株式会社EPARK(イーパーク)が運営する、行列のできる人気店で順番待ち・予約ができる無料の会員向けサービスです。全国のショッピングモールや、回転寿司、焼肉、ビュッフェなど、さまざまな人気店で利用できます。

 

回転寿司・寿司

和食

洋食・各国料理

ステーキ・ハンバーグ

カフェ・スイーツ

居酒屋・バー

焼肉・ホルモン

ビュッフェ

 

その他、こんな場所でも使えます♪

 

ららぽーと

イオン

アンパンマン&ペコズキッチン

シルバニア森のキッチン

 

飲食店以外にも、今すぐ予約できる歯科を検索できたり、処方箋の受付をWEBでできたりと、EPARKサービスのジャンルはさまざま。あなたの生活のなかで、便利に、おトクにご利用ください♪

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

ユーザーレポート

ユーザーレポート

EPARK掲載の店舗を、ユーザーが利用した際のリアルな声を掲載! 旬なフェアを体験したレポートなど、さまざまな視点の体験談をチェックできます。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう