季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni料理 > 子どもにごはんを好き嫌いせず食べてもらう方法

子どもにごはんを好き嫌いせず食べてもらう方法

子どもにごはんを好き嫌いせず食べてもらう方法

2017.02.27 | 横山かおり

「緑の野菜を全然食べない」「好きなものしか食べない」「好き嫌いが多すぎる」。子どもの食事に関する悩みを持つママたち、多いですよね?

 

好き嫌いなく何でも食べてほしいけど、どうしたらいいかわからない…という人のために、今回は野菜ソムリエ・管理栄養士・食生活アドバイザーの資格を持つ百瀬(ももせ)さんにお話を聞いてきました。

 

百瀬さんも一児の母。普段のごはんはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

子どもがよろこぶ見た目にする

 

「食事の見た目を少しでもかわいくするようにしています。型抜きやピックを使うことが多いですが、子どもと一緒に選んだものを使うと、すごくよろこんでくれますよ!」

 

百瀬さんはインスタグラマーでもあるのですが(@natukooi)、そこに投稿されている料理の写真は、本当にたくさん野菜が使われていて彩り豊かなものばかり。

 

パッと見るだけで「なんだかおいしそう!」という気になります。子どものテンションが上がるような盛りつけや飾りつけが大切なようですね。

 

野菜嫌いな子におすすめの調理法や料理

 

「調理法は『火を通す』こと。とくに葉物などの生野菜は子どもにとって食感が苦手なことが多いもの。火を通すことでえぐみも除けるので、子どもの苦手な野菜独特の青臭さもなくなります。野菜嫌いな子におすすめのメニューはハンバーグ。我が家では、ハンバーグのソースににんじんをすりおろして入れたりしています。これは本当におすすめ!大人の私でもおいしいです(笑)」

 

そういえば我が家の息子も苦手な葉物野菜をお味噌汁に入れたら食べるようになりました。やはり「火を通す」ということなのでしょう。

 

そしてハンバーグ。野菜を細かく刻んでハンバーグに混ぜる家庭も多いと思いますが、本当に野菜嫌いの子どもってそれすら見抜いてしまうんですよね…。

 

でも百瀬さん流で、すりおろしてソースにしてしまえば見抜けないこと間違いなし! すりおろしにんじんの甘みでよりおいしくなったソースが簡単に想像できますね。おいしそう!

 

スーパーで野菜を買う時のポイント

 

野菜ソムリエの資格をもつ百瀬さん。スーパーなどでおいしい野菜を買うための見分け方を野菜別に教えていただきました。

 

《かぼちゃ》

・ずっしりと重いもの
・ヘタの周りがくぼんでいるもの(完熟している証拠)
・カットされているものなら、種が密に詰まっていて、色が濃いもの(カロチンが多い)

 

《にんじん》

・表面が滑らかで、デコボコしていないもの
・茎の切り口が小さいほうがおいしい。切り口が大きいものは芯が太く、味も落ちる
・茶色に変色したものは古いもの。緑色に変色したものは日に当たったために硬い
・ひげ根のあとの溝は浅いほうがいい

 

《さつまいも》

・凸凹があまりなく、ひげ根のあとが小さいものがおいしい
・そこそこ太さのあるものがよい。あまりに細いものは味がよくない
・皮が黒く変色しているものは古いもので、その部分は苦く有害でもある

 

《玉ねぎ》

・薄皮がしっかりと乾燥しているもの
・ずっしりと重みがあり、身が締まっているもの
・頭の部分が柔らかくないもの

 

子どももよく食べる4種類の野菜で紹介していただきました。今日から使える豆知識、ぜひ頭に入れておいてくださいね!

 

1日トータル30品目を心がけて料理を作る

 

「普段から主食、主菜、副菜、汁ものをそろえるようにし、なるべく1食で4~5品は出したいなと考えています。そして1日トータルで30品目が摂れるように!もちろん野菜もたっぷりです。でも野菜だけではなく、芋や海藻、ごま、きのこなどもきちんと取り入れること。バランスよく、たくさんの栄養素を摂取できるように心がけています」

 

必要な栄養がバランスよく摂れて、健康な毎日が送れそうです。

 

「そんなの無理!」という人は、いきなり30品目を目指さずに、1日1品どこかで小鉢を増やしたり、炒めものに1種類野菜を追加したりするだけでも品目は変わります。子どもに今よりたくさん野菜を食べてもらうために、できることから少しずつ変化をつけていけるといいですね。

 

忙しいママにも!栄養たっぷりの簡単メニュー

 

最後に、忙しいママにもできる、栄養たっぷりの簡単メニューを教えていただきました。

 

■ 材料[1合分]

新玉ねぎ  大1個(普通の玉ねぎでもOK)
薄力粉   大さじ2
塩コショウ 少々
卵     2個
桜エビ   大さじ3(お好みで)
揚げ玉   大さじ3(お好みで)

 

■ 手順[20分]

1、新玉ねぎは薄切りし(スライスでもOK)、10分ほどおいておく。

2、ボウルに1の新玉ねぎ、薄力粉、塩コショウ、卵、桜エビ(桜エビは釜揚げ桜エビを使っていますが、乾物のものでもおいしいです)、揚げ玉を入れ、よく混ぜる。

3、フライパンに2を流し入れ、中火で4分、裏返して4分焼く。

4、お好みでソース、マヨネーズ、かつおぶし、青のりをかけていただく。

 

「玉ねぎにはビタミンB1という栄養素が含まれています。これはエネルギー代謝や糖代謝の手助けをしてくれますので、玉ねぎ丸ごと1個を食べられるこのレシピはとてもおすすめ。材料を混ぜて焼くだけなので、忙しい時にも簡単にできて助かります」

 

混ぜて焼くだけの簡単レシピだから、忙しい日や手抜きしたい時にぴったりのメニューですね。お好み焼き風で子どももよろこんで食べてくれそうです。

 

百瀬さんは、Instagramに日頃からお料理の投稿をされているので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう