季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoniもてなし > 子どもと一緒にできる!「包む専門家」が教える、ラッピングの技

子どもと一緒にできる!「包む専門家」が教える、ラッピングの技

子どもと一緒にできる!「包む専門家」が教える、ラッピングの技

2017.01.24 | 横山かおり

そろそろバレンタインを意識しはじめる頃。チョコレートなどの中身はもちろん大切ですが、それを飾るラッピングもとても大切!

 

受け取る人もプレゼントの第一印象で、感じ方が大きく変わってきますからね。

 

今回は「包む専門家」としてラッピング講師などをされている、佐藤美枝先生にお話を聞いてみましたのでご紹介します。

 

紙コップを使った簡単ラッピング

紙コップで作る手持ち付きラッピング

 

なんとこちら、紙コップを使ったラッピングとのこと!

 

「紙コップは100均で手に入りますし、手作りスイーツにぴったりな簡単ラッピングです。超がつくほどの簡単さで、紙コップに切り込みを入れただけでできます。 まわりのアレンジは、リボンを使ったりマスキングテープを使ったりと際限なく楽しめます」

 

小さい子どもが、とてもよろこびそうなデザインですね。親子で一緒にラッピングするのも楽しそう!

 

まわりには、何を貼っても書いてもOK。かわいらしい取っ手もついているので、持ち運ぶのにも便利そうです。

 

「このラッピングの特徴として『日常使いができること』が挙げられます。仕事で現場へ行く際のランチは、この紙コップにピラフや炊き込みご飯をいれて持っていきました。油を使ったご飯やおかずを入れて、食べ終わればそのまま捨てることができます。家に帰ってからお弁当箱を洗う手間が省けるので、忙しい時期のランチは、この方法でお昼ご飯を持っていきます」

 

なんと先生は、ランチボックスにもしてしまっているということ! たしかに紙コップだったら使い捨てもできますし、遠足やピクニックなどのときにも便利ですね。

 

使える幅が広がるマスキングテープ

マスキングテープを使ったラッピング

 

「使っている紙は100均で手に入る色画用紙です。リボンは、ピンクのリボンと、リボンに水玉のマスキングテープを貼ったものを合わせて使っています。リボン+マスキングテープの方法はとても簡単で、店舗や企業さんでのラッピング指導する際に、よくすすめています。リボンをひと巻買っても、使う時にマスキングテープを貼って、都度違うテイストにすることができます。例えば、リボンに和柄のマスキングテープを貼って、和風にアレンジしたり。酒販店の方には、和風のリボンにアレンジして焼酎や日本酒のラッピングに使えるようになった、と言われ好評です」

 

最近のラッピングでは、マスキングテープがうまく使われているようです。

 

ラッピングをしていて「何か物足りないな」と思ったときに使えそうですね。一気に印象が変わりそうです。

 

材料は手芸店やプチプラショップでそろえる

ラッピングの材料

 

「ダイソーやセリアなどの100均、ナチュラルキッチンのプチプラショップ、文具店やユザワヤなどの布地や手芸のお店でも購入しています」

 

ラッピングの講師を務める佐藤先生でも、100均のアイテムを使用されていると聞くと、なんだか安心してしまいます。

 

安くてかわいいものができあがれば、主婦としてはうれしい限りですね!

 

ラッピングは「自分で作りあげる」

いろいろなパターンのラッピング

 

「ほぼ毎日包みの仕事をしているなか、生徒さんのためにカリキュラムや『どうしたらいいのか』を常に考えています。私は『自分で作りあげる』ことが大事だと思っていて、どの本にもないラッピング技術も何点かあります。新しく生まれたラッピング方法は、やはり同じ様な場面が訪れた時にとても使えるのです」

 

ラッピングには、折り方や包み方、結び方などのルールがあるそうです。ただ、それを理解した上で、一部の折りにはオリジナリティーを持たせてもいいのでは?というのが佐藤先生のご提案。だから、次々とステキなラッピングが生み出されていくのでしょう。

 

佐藤先生のラッピングは、Instagram(@mietako)やブログも更新されているので参考にしてみてくださいね。

 

バレンタインの準備は、お菓子作りとともに、ラッピングをどうするかも早めに決めておきたいですね。

 

100均などでは、バレンタイン直前、ラッピング用品が大人気になりますので、欲しいアイテムはお早めに!

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう