季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni料理 > 5分で完成!簡単&健康おやつ

5分で完成!簡単&健康おやつ

5分で完成!簡単&健康おやつ

2017.01.11 | mojamojayo

いつのまにかアラフォーになっていた、わたしことmojamojayoです。

 

先月、高齢出産を乗り越えて無事に第二子が誕生しました。やれやれと思う暇もなく、2時間おきの授乳生活がスタート。

 

それにともない、むくむくと膨れ上がる食欲。「授乳中は食欲がわいて当然」などという世間さまの甘いささやき…。ついつい小腹を満たす何かが欲しくなってしまいます。

 

とはいえ、食欲にまかせて市販のお菓子を食べすぎてしまうと乳腺炎が心配。自分で作ろうにも産褥期の体はまだ思うように動かない。

 

…ああもうこんな時間。元気のありあまったむすめがもうすぐ帰ってきて「なんかおなかすいちゃったなー」なんていいながら、まとわりつくのだろう―。

 

5分で完成!簡単&健康おやつ

 

そんなわたしを見かねて、夫が立ち上がりました。

 

「俺がおやつを作ってみるかのう」。

 

手作りおやつ① きなこ棒

おっとアイコンきなことハチミツがあれば、きなこ棒が作れるのう。

 

mojamojayoアイコン(きな粉棒を作ってるとは思えぬ不穏な動き。これはものすごく不安ですよ…!)

 

手作りおやつ①きなこ棒制作中

おっとアイコンハチミツを適当にニュルと出して、電子レンジで10秒。ハチミツがサラサラになったらそこにきなこを適量入れて、スプーンか箸でかき混ぜる。そしたら粘土みたいになるので爪楊枝に刺して、さらに追いきなこをまぶしたら出来上がりや。

 手作りおやつ①きなこ棒

 

mojamojayoアイコン…普通にうま! きなこ棒ってウチで作れるんや、知らんかった。

 

【追記メモ】蜂蜜はだいたい大さじ1~1.5。きなこは大さじ4~5くらい使用していた。写真からも伝わるとおり、ぎゅっと握りしめた指の跡が前面に出てるビジュアルなので、家族以外に出したらだめなやつかも。でもうまい。熱い日本茶に合う。

 

手作りおやつ② 思い出のホット・りんご

おっとアイコンりんご1個をくし形に切って、深めのお皿に入れる。ラップをして電子レンジ5分。(好みのショリショリ具合によって、3分~6分の間で調整してもよい)

 

手作りおやつ②思い出のホット・りんご

 

おっとアイコン俺のかーさんの思い出の味。この滲み出た果汁のジュースがまた人気でな。兄弟で毎回取り合いになっとったんよ。ほら、のんでみー?

むすめアイコン…ずずず。

 

【追記メモ】悲しいくらい、むすめの反応がイマイチだったが、私的には素材の味そのままで好印象。果物は身体を冷やすというから、あったかくていいかも。煮りんごよりショリショリした食感が残っており、食べ応えもありつつ甘さ控えめ。砂糖なしだけど、全然酸っぱくない。

 

あとがき

夫が作ってくれたおやつに対し、むすめの反応がいまひとつだったのは、いつものおやつと違う違和感からだったよう。

 

2回目からは小躍りして「おとうさんのおやつ」をよろこぶようになり、今ではホット・りんごの最後のジュースも率先してすすりにいくむすめであります。

 

夫は台所に立つことに抵抗はないものの、好んで料理するようなタイプではなく、塩コショウで炒めた野菜炒め(のようなもの)が作れる程度。

 

どれも手の込んだものではないですが、奇をてらわぬ素朴な味。奮闘のすえ出してくれるいびつなおやつたちは、産後のとげとげした気持ちやへこみがちな気持ちをほんのちょっぴり埋めてくれるのでした。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

mojamojayo

mojamojayo

夫とむすめの3人家族。フリーランスwebデザイナーのわたし(35歳)。育児にまつわる、おもしろかったこと、もやもやしたこと、夫とともに自営業で生計を立てつつ、“丁寧なくらし”をしたくて、もがいたりする話を記録しています。おなじといっしょ

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう