季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoniそうじ > 100均アイテムで、簡単キレイに結露の悩みを解消!

100均アイテムで、簡単キレイに結露の悩みを解消!

100均アイテムで、簡単キレイに結露の悩みを解消!

2017.01.12 | 横山かおり

冬本番の悩みといえば、寒さだけではありません。

 

朝起きてカーテンを開けた時、窓ガラスに結露がびっしりついていませんか? 拭いても拭いても水滴は落ち、カーテンの臭いの原因にも。

 

そこで今回は、100均アイテムを使った結露の悩みを解消する方法を紹介します!

 

結露がどんどん取れる「結露とりワイパー」

結露取りワイパー

 

こちらはダイソーで購入した「結露とりワイパー」(ダイソー以外の100均でも取り扱いあり)。

 

長さを計ってみたところ約26cm。プラスチックなので軽くて場所も取りません。

 

ただのワイパーではなく、下が細いボトルになっているので、流れてくる水をどんどん溜めていけるのがポイント

 

普通ワイパーは上から下に使うことが多いですが、この結露とりワイパーは下から上に使います。すると、想像以上に水が溜まる! 気持ちいいくらいに溜まる!!

 

結露取りワイパー使い方

 

しかしここでひとつ難点が…。

 

下から上に動かすので、下のほうの結露が取りにくいのです。角度の問題でうまく取り切れないため、少し気になってしまいます。

 

取りにくい窓の下は「結露テープ」で吸い取る

100均アイテムで、簡単キレイに結露の悩みが解消できる

 

そこで、キャンドゥで購入した「結露テープ」(キャンドゥ以外の100均でも取り扱いあり)を併用してみました。

 

結露が気になる場所に、このテープを貼るだけで水分をしっかり吸収してくれます。今回は、ワイパーで取りにくい下の部分に、この結露テープを貼ってみました。

 

幅は約5cm。長さは30cmほどあり、ハサミで切れば調節することもできます。大きな窓の場合は、2本ほどあったほうがいいですね。

 

100均アイテムで、簡単キレイに結露の悩みが解消できる

 

この2アイテムで結露掃除は完了です! たった200円(税別)で冬の朝の悩みが解消できるのでかなりおすすめですよ。

 

窓の結露が激しい日は、ササッとワイパーで掃除するだけ。きれいになる窓と溜まっていく水、気持ちのいいワイパーのすべりで、なんだかやみつきになる感覚です。

 

窓の汚れが気になる人におすすめ

100均アイテムで、簡単キレイに結露の悩みが解消できる

 

さらに、「結露も気になるけど、窓の汚れも気になる」という人におすすめなのは「新聞紙」です。

 

結露でいっぱいの窓に新聞紙を貼りつけ(水分でつきます)、新聞紙で窓を拭きながらはがす。新聞紙のインク油の成分が窓にツヤを出してくれるので、窓がピカピカになります。

 

結露も取れて窓もキレイになって一石二鳥。新聞をとっている人なら、お金もかからないので節約にもなりますね。

 

最近では、さまざまな結露対策グッズが販売されていますが、できればあまりお金をかけたくないですよね。結露にお悩みの人は、ぜひプチプラで簡単にできるものから試してみてくださいね。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう