家族の暮らしを楽しむEPARKメディア

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoniフード > みんなが感動!おせちリメイク術「おせちらし寿司」

みんなが感動!おせちリメイク術「おせちらし寿司」

2017.01.05 | あぽももこ

母、友だち、ご近所さま、誰に教えても感動してくれたおせちリメイク術です。

 

我が家の場合、いつもたくさん残るのは「なます」と肉だけなくなった「筑前煮」。

 

これを混ぜてみたら想像以上! そのまんまちらし寿司の素と思える味にできあがりました。

 

おせち料理は、ちらし寿司に合うものが多いので、余ったり、味に飽きてきたら、一気に消費できるので試してくだい。

 

里芋だけは粘りが出てしまうので、気になる方は外してくださいね。

 

おせちらし寿司

■ 材料[2合分]

筑前煮(里芋以外) 100g
●なます      50g
●寿司酢      大さじ4
●筑前煮の煮汁   大さじ1
(または醤油、みりん 小さじ1づつ)

<具材>

卵焼き、数の子、かまぼこ、蒸し海老、酢ダコ、大葉、刻み海苔など

 

■ 手順[15分]

1、筑前煮を千切りにする。

「おせちらし寿司」の具、筑前煮の千切り

 

2、1と●の材料をすべて混ぜたら、ちらし寿司の素が完成(筑前煮の煮汁がない場合は、醤油とみりんを加えてください)!

 

3、普通のちらし寿司を作るようにごはんを混ぜ、おせちやお好みの具材を切りのせる。

混ぜたら完成、「おせちらし寿司」

 

おせちのリメイクレシピは、残ったなますを使った「白身魚の南蛮酢あん」、甘味で作った「抹茶パウンドケーキ」もありますので、ぜひ試してみてくださいね。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

あぽももこ

あぽももこ

大切な人の笑顔と、「おいしい」の一言が、私のごはん作りの原動力。絵に描いたような田舎の農家で育ち、毎日の暮らしのなかで自然と家族から野菜の知識を学びました。それらの知識を活かし、体も心を元気になるれようにとレシピを考えて、作っています。My blog kitchen♡

投稿記事一覧を見る
家族の暮らしを楽しむEPARKメディア

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう