季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni料理 > 子どものお手伝いも安心! 「親子料理レシピ」5選

子どものお手伝いも安心! 「親子料理レシピ」5選

子どものお手伝いも安心! 「親子料理レシピ」5選

2016.11.10 | 横山かおり

子どもが3〜4歳になると「お手伝いしたい欲」が出てきます。親としてはうれしい成長の反面…正直、面倒くさい!! そんなこと言えるはずないので「いま忙しいからまた今度ね」なんて流す日々。でもそれでは子どもがかわいそうですよね。

 

今回は子どもが楽しくお手伝いできて、ママもイライラせず一緒に楽しめるような親子料理レシピをピックアップ。これからのクリスマスや年末年始のパーティーなどにも使えますので、参考にしてみてくださいね。

 

休日の朝にピッタリのロールサンド

 

平日の朝はバタバタしていて、とてもお手伝いなんてさせているヒマはありません。でも休日の朝にピッタリな親子料理レシピがこちら。

 

食パンを丸めた、くるくるのロールサンドです。食パンの耳をカットして中に薄く具を入れるか、ジャムなどを塗ります。ラップを使ってくるくると丸めていくだけでできあがり!

 

形がつくまでラップでくるんでおいたほうが食べやすいですよ。また食パンは薄切りのものを選びましょう。これならパパでもできるくらい簡単なので、たまにはママもゆっくりできるといいですね。

 

年末年始にピッタリの飾り巻き

 

初心者には少し難しいですが、年末年始にオススメの「飾り巻き寿司」。上手にできるとキャラクターやお花模様、蝶の模様など様々なものにチャレンジできます。

 

最初は簡単なお花などがオススメ。子どもと一緒に巻き巻きして、バランスを整えながら親子で協力して作成できます。

 

ちょっと崩れてもおしゃれなトマトファルシー

 

「トマトファルシー」、聞き慣れない人もいるでしょう。これはフランスの代表的な家庭料理です。トマトの中身をくり抜き、ひき肉や玉ねぎなどと合わせて炒め、トマトの器に戻してオーブンで焼きます。子どもと一緒にトマトをくり抜いたり、元に戻したり、トマトに帽子をかぶせてあげたりと親子で楽しんで作ることができます。

 

トマトはやわらかくて崩れやすいですが、オシャレなファルシーはそれもまた味が出てok。クリスマスにもピッタリの一品です。

 

みんなで楽しめるクレープ

 

パーティーなどで多くの親子が集まる時に使えるのが「クレープ」。大人が皮を焼き、子どもたちは好きなトッピングを自由にしていきます。

 

トッピングの種類もお好みでok。食事系のものを混ぜてもいいですね。大人も子どもも楽しめるので、人が集まる時にはとてもオススメです。盛りつけ方や合わせ方で、子どもの個性も表れておもしろいですよ。

 

ホットプレートを使ってガレットづくり

 

kayo⑅さん(@toitoitoi_ring)が投稿した写真

 

ヤケドに注意が必要ですが、ホットプレートを使えばお料理のレパートリーも増えます。こちらはたっぷりの野菜としらす、チーズが入ったガレットです。

 

とても彩りがよく、オシャレなのに子どもも作りやすい作業ばかりで、親子料理にはピッタリ。

 

野菜もたっぷり入っているので栄養バランスもバッチリです。ひとくちサイズで食べやすいのもいいですね。自分で作ったものはおいしいと感じやすいので、いつもより少し多めに野菜を入れてみてもいいかも。

 

クリスマス、年末年始とこれからの季節に多く登場する「パーティーメニュー」は、意外とお手伝いチャンスが広がります。親子で楽しんで料理をすれば、思い出も絆も深いものに。時間のある時はぜひ、親子で料理をしてみてくださいね。

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

横山かおり

横山かおり

昼間は子育てに励み、子どもたちが寝たあとで執筆活動をしているフリーのママライター。日常が楽しくなるような情報を発信していけるように模索中。夢はひ孫の顔を見ること。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう