季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni子育て > たくさんのママが実践しているママ友の作り方

たくさんのママが実践しているママ友の作り方

たくさんのママが実践しているママ友の作り方

2016.07.20 | tomoni編集部

ママ友がいると、お互いの行きたい幼稚園や保育園の情報交換をすることができたり、子どもを持つ親の悩みを打ち明けることができたり、またその悩みを解決できるきっかけを得ることがあります。

 

人付き合いが苦手な人でもママ友を作ることができるポイントを学んで、ママ友を増やして、同じ境遇の悩みを解決しながら、一緒に子育てに励みましょう!

 

今回はいろいろな場所でママ友を作ってきた私の体験談から、ママ友を作るコツをまとめてみました。

 

ママ友を作る場所選び

1、自治体のイベント

自治体では、小さな子ども連れの家族のために、交流する場所を無償で提供しているところがあります。料理教室体験や芋ほり体験など、そのイベントは地域によってさまざまです。こうしたイベントに積極的に参加することで、知り合いが自然と増えるようになりますよ。

 

2、保育園や幼稚園のイベント

保育園や幼稚園では、プレ保育など入園前から参加できるイベントを開催しています。積極的に参加することで、イベント内で自然と親同士の接触する機会が増えて、子どものお友達もでき、成長のためにもとてもいい機会になります。

 

3、地元の公園

地元の色々な公園に遊びに行くようにしましょう。小さなお子様連れの家族は、公園で遊んでいることが多いです。その理由は、子どもにとって自由に遊べる広い環境であり、公園などの広い空間は、危険なものがあちこちに点在していないため、親としても目を少し離せる場所なのです。そのため、子どものいる親は、公園で会う機会が増え、自然と知り合いになる傾向が強いのです。

 

160720mamatomo02

 

ママ友を作りやすくする会話のコツ

1、子どもがかかった病気について話す

子どもの病気は、親にも伝染し、重症化しやすい傾向にあるので、話題にしすい内容です。お互い情報交換をすることで、相手も気をつけることができて、とても有益になりますので、しっかり詳細を伝えることが大切です。

 

2、子どものことについて聞いたり、話したり

子どもの成長は、多くの話題をうみ、知らないうちに子どものことばかりを話すようになっています。自分自身の話題は意外と話しにくいものですが、子どもの出来事は話しやすいものです。もし子どもの年齢や成長など気になったことがあれば、人に聞いてみたり、話をする努力をしてみましょう。声をかける勇気が、ママ友を作るきっかけになるでしょう。

 

まとめ

ママ友は、子どもの成長を促すためにもとても重要な存在です。親をきっかけに子どもの友達が増えていくことの方が圧倒的に多いです。そのためにも、親が積極的に外に出ることで、家族の会話も増え、明るい家庭に変える原動力になることでしょう。

 

(ターミヤン)

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

tomoni編集部

tomoni編集部

食べること、飲むこと、家族や友達とみんなで楽しく過ごすことが好き。「ともに過ごす時間を楽しむこと」をテーマに、食や健康など、日々の暮らしに役立つ情報をお届けします。

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう