季節を感じる、暮らしの知恵サイト季節を感じる、暮らしの知恵サイト

  • twitter
  • facebook
  • follow us in feedly

tomoni子育て > お休み明けの「行きたくない!」は、強くて優しい子育てで解決

お休み明けの「行きたくない!」は、強くて優しい子育てで解決

お休み明けの「行きたくない!」は、強くて優しい子育てで解決

2016.05.20 | 河村 都

遊園地や動物園へ行く休日の朝は、元気いっぱい! 子どもは張り切ってお出かけの支度をします。

 

ところが、保育園へ行く朝になると「行きたくない」と泣きながら、支度もダラダラ…一方、お母さんは自分の仕事先にも遅れてしまうのでイライラしてしまいます。

 

毎日、遊園地に行けたらいいですよね~。お母さんも仕事に行かず、のんびり好きなことをして過ごせたらどれほどうれしいでしょう。

 

大人も子どもも「行きたくないなぁ~」は一緒

でも現実はそうはいきません。会社に行けば山のように仕事が待っているし、自分と気が合わない人とも一緒に仕事をしなくてはならないし。

 

子どもだって、保育園に行けば仲間と喧嘩をしたり、やりたくない製作をしたり…不本意なことがたくさんあります。

 

特にお休み明けの朝、『行きたくないなぁ~』は、大人も子どもも一緒です。でも、泣きながら行った保育園でも子どもは、意外と楽しいことを見つけたり、昨日喧嘩したお友達と仲良くなって遊んだりします。

 

嫌なことも楽しいことも、一緒に経験していこう

「喧嘩したのに今日はあの子と仲良くできた」なんて、とてもうれしい経験です。

 

大人も仕事で気持ちが落ち込んだ時、同僚の温かい一言で思わず幸せな気分になったりします。嫌なことも辛いことも次の「幸せのステップ」に繋がることを、小さな時から子どもに伝えていきたいですね。

 

子どものわがままや泣くことにあまり右往左往せずに、さらりと受け止め、心の余裕がある時には子どもを抱きしめて、「次のお休みに○○ちゃんと一緒に遊ぶことを楽しみにして、ママもお仕事頑張るね!」と、少しの我慢の先には幸せが待っていることを優しく話しかけてください。

 

お休みになると楽しさやうれしさが倍増し、子どもはお母さんと一緒に居ることの幸せを実感できるでしょう。強くて優しい子育ては、お母さんも素敵な大人へとステップアップさせてくれますよ。

 

子育てのお悩み募集中!
河村都さんがお父さん、お母さんの子育ての悩みに回答してくれる、tomoni投稿企画を実施中。お子さんの成長や性格、勉強のことなど気になることがありましたら、気軽に相談をお寄せください。お待ちしております♪

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

河村 都

河村 都

幼稚園教諭を経て、NHK番組「お母さんといっしょ」の「うごけぼくのえ」コーナーのお姉さんとしてレギュラー出演。その後、一般企業において人材教育など25年間にわたり従事。2007年オフィスカワムラを設立。現在、幼稚園・保育園の教職員セミナー、父母向け講演、「知育遊び」教材開発・教室運営等、幅広く行っている。Office Kawamura

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう