tomoni料理 > 朝食からお弁当まで使える万能レシピ。根菜たっぷりカレー風味の肉味噌

朝食からお弁当まで使える万能レシピ。根菜たっぷりカレー風味の肉味噌

朝食からお弁当まで使える万能レシピ。根菜たっぷりカレー風味の肉味噌

2015.10.21 | 石澤 清美

心地よかったはずの朝夕の涼しさが、今朝はぶるるっと震える寒さ。

 

10月24日は二十四節季の霜降。秋が終わり、霜が降り、木枯らしが吹き始める頃です。

 

台所では戸棚の一番上においた土鍋をおろし、冬支度をはじめます。

 

年中作り置く肉味噌も、冬仕様に衣替えしました。

 

根菜たっぷりカレー風味の肉味噌

■ 材料

豚ひき肉      150g

ネギ1本       100g

しょうがの薄切り  3枚

にんにく      1かけ

ニンジン(小)1本  100g

ゴボウ(小)1本   100g

レンコン1節     150g

カレー粉      大さじ2(子どもむけなら大さじ1/2~1)

油         少々

A(だし汁 400ml、味噌 大さじ3、みりん 大さじ4)

 

■ 手順[30分]

1、ネギ、しょうが、にんにくはみじん切り、ニンジン、ゴボウ、レンコンは5~6mm程に刻みます。

 

2、 フライパンに油をなじませ、ひき肉を入れ、ぽろぽろになるまで炒めます。

 

3、1を加えて30秒程炒め、カレー粉を振りかけて全体になじませます。

 

Aを注ぎ、煮立ったら蓋をし、時々混ぜながら弱めの中火でことこと15~20分。

151019nikumiso03

 

4、野菜がほろっと柔らかくなったら蓋をとり、もったりするまで煮詰めれば完成。優しくカレーが香る、根菜たっぷりの肉味噌です。

151019nikumiso02

 

卵焼きやパスタにも

 

151019nikumiso04

あたたかなごはんは言わずもがなの相性ですが、卵焼きの具、お弁当、うどんやパスタ、サラダ、蒸し野菜のトッピングなどなど、使い勝手も抜群。

 

さくさくとレンコンの歯ごたえを楽しむうち、カレーの香りが鼻を抜け、懐かしい甘じょっぱさがふわっと広がり、うふふっと頬が緩むおいしさです。

151019nikumiso05

冬仕様のためのお願いをひとつ。いつもの肉味噌より少しだけ気長に煮て下さい。

 

軽やかに噛む楽しさを残しつつ、味噌ととろんとなじむ優しさが、冬の胃にはうれしいのです。

 

冷蔵庫で7日間ほど保存できます。体の中からじんわりあたためておけば、冬の寒さも待ち遠しい…かな?

― おとずれるたびに、いい発見。EPARK ―

キーワード

石澤 清美

石澤 清美

料理研究家 国際中医師 国際中医薬膳師 NTI認定栄養コンサルタント。広く食養生を学び「毎日の食事で身体を調える」ことの大切さを伝えるべく活動中。料理、保存食、パン、菓子など、家庭で作りやすいレシピを書籍、雑誌、テレビ等様々な媒体で提案。著書多数。少人数制の料理、パン、菓子、薬膳教室を主催。KIYOMI's FOOD ATELIER

投稿記事一覧を見る
季節を感じる、暮らしの知恵サイト

この記事が気に入ったら、
フォロー、いいね!しよう